« 一滴漏らさず | トップページ | セキュリティチェック »

走り去るもの


ある地下鉄ホームにて。目の前を電車がどどどっと走り去る。もしこれが乗りたかった電車だとしたら、乗れなかった悔しさとやるせなさで肩を落とし深々とため息をついていただろう。もしこれが大切な人を連れ去る電車だとしたら、その影が見えなくなるまでずっとずっと見つめていただろう。もしこれが自分とまったく関係のない電車だったら、ただただその走り去る風を感じていただろう。電車は今日もたくさんの人の目の前を走り去る。

|

« 一滴漏らさず | トップページ | セキュリティチェック »

千早都の日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 走り去るもの:

« 一滴漏らさず | トップページ | セキュリティチェック »