« 足 | トップページ | 温風 »

見下ろせば


何とごちゃごちゃした街だろう。いや、街ならもっと整然としているはずだ。ビルの並びはひどくデコボコだし、色も形も全く統一感がない。混沌としている、それもいいじゃないか、という声も聞こえるが、それは違う。自分さえよければいい、自分さえ目立てばいい、という勝手わがままがあまりにもまかり通っている。これって、街というものを知らない田舎者の集まりじゃないかとさえ思う。確かに、部分的は秩序をもち全体感を考えた街づくりがされているところもある。けれど、一旦上から見下ろしてみれば、それはそのエリアの単なる自己満足に過ぎないことが一目瞭然だ。ここ東京って全国各地からどどっと押しかけてきたところなんだから、嘆いたって仕方ないのだろうか。

|

« 足 | トップページ | 温風 »

千早都の日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見下ろせば:

« 足 | トップページ | 温風 »