« 暮れる海 | トップページ | ひとり咲き »

なつかしい映画


その昔ある人と見た映画を、一人DVDでたどってみた。ところどころに泣けるツボあり、最後にはどうしようもないぐらいワァーッときてしまう。まただ。あのときは、そう、隣に誰かいることさえ忘れてしまうほど心が揺れてしまった。一緒に映画を見て一緒に感動するというのは、それはそれで楽しいと思う。けれど、あのときは正直申し訳なさでいっぱいだった。泣いているのは私一人。なんでそんなに泣くの?と不思議そうに覗き込まれ、何も答えられなかった…今となってはなつかしい、苦い思い出がくっきりとよみがえる。

|

« 暮れる海 | トップページ | ひとり咲き »

千早都の日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なつかしい映画:

« 暮れる海 | トップページ | ひとり咲き »