« 春の色 | トップページ | 浸して二日目 »

春の色その2


外はまるごと体温を奪い取られそうなほど寒い。ともすると家の中に閉じこもりがちになるところ、やや無理をしてでも外気を吸うべく外に出た。スーパーの店先には、温室育ちのチューリップがにっこり微笑んでいる。春を待ちきれない人にはもってこいなのだろうが、うちには寒空の下、すくすくと育ちつつあるチューリップたちがたくさん居るので、ここはぐっとこらえることにした。

|

« 春の色 | トップページ | 浸して二日目 »

千早都の日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春の色その2:

« 春の色 | トップページ | 浸して二日目 »