« 春の芽 | トップページ | ごめんなさい »

筆を持つ


年に一度、正月前には曲がりなりにも必ず筆を持っていたはずなのに、最近はついつい手近な万年筆やボールペンで済ませてしまうようになっている。一度離れると、元に戻るのはなかなか難しい。こうやって廃れていくものがあるようだ。

|

« 春の芽 | トップページ | ごめんなさい »

千早都の日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 筆を持つ:

« 春の芽 | トップページ | ごめんなさい »