« 普段買わないもの | トップページ | おしながき »

火の点く前に


ロウの白いパウダーがぎっしりと敷き詰められているロウソク。火を点けたならきっと、豊かな一筋の炎をゆるゆると長くつないでいくことだろう。けれど、一旦火が点いてしまうと、後はパウダーをつぎ足さない限り必ず終わりがやってくる。少しずつ、少しずつ、炎を絶やさぬよう生き長らえることの難しさを思うと、火の点く前というのは希望に満ちあふれているようだ。

|

« 普段買わないもの | トップページ | おしながき »

千早都の日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 火の点く前に:

« 普段買わないもの | トップページ | おしながき »