« 光のゲート | トップページ | 火の点く前に »

普段買わないもの


話題の芥川賞作品を読みたいなぁ、でも単行本買うほどのものかなぁ、と思っていたら、「文藝春秋」の最新号にそれが全文掲載されている、とのこと。書店でどどーんと平積みされていたそれを手に取りレジに並んだ。ふと辺りを見渡せば、若い女性たちがこぞって持ち慣れない雑誌を手にしている。書店はといえば、何も言わず文庫や単行本でもないその雑誌にカバーをかけるという対応ぶり。これには正直笑えた。

|

« 光のゲート | トップページ | 火の点く前に »

千早都の日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 普段買わないもの:

« 光のゲート | トップページ | 火の点く前に »