« 信じてはいけない | トップページ | 踏むところだった »

捕まった


し、しまった、捕まってしまった。食虫花に捕らえられたハエは、そこから抜けだそうともがいてはみるものの、それが無駄な抵抗であることを知り、無念そうに、あるいは、諦めの境地にある。してやったり、とは捕まえた側の食虫花。虫を引き込み自分の中で溶かして行く。一見残酷であっても、それが自然の摂理なのだ。

|

« 信じてはいけない | トップページ | 踏むところだった »

千早都の日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 捕まった:

« 信じてはいけない | トップページ | 踏むところだった »