« 映るもの映らぬもの | トップページ | 桜咲く »

放置自転車=粗大ごみ


いくら撤去してもあっという間にたまってしまう自転車。駅前の放置禁止区域には歩行者の通行の大きな妨げとなる放置自転車が後を絶たない。自転車が歩道を占領して車道を歩かざるを得ない歩行者が車にひかれそうになる、とか、並んでいる自転車がはずみでバタバタ倒れてきて歩行者が怪我をする、というのはかなり現実レベルの話である。みんなが置いてるんだから、自分一台分ぐらいいいじゃないか、という一人一人の甘えがそうさせるのだろうか。区によっては、その撤去処理代金を鉄道会社に負担させることを決めたり、駅前に見張りを置いて、自転車を置かせないようにしたりと工夫をしているが、抜本的解決には至っていない。いっそのこと、放置自転車=路上粗大ごみと定義し、鉄業者に自由に持っていってもらうのが良いのかもしれない。

|

« 映るもの映らぬもの | トップページ | 桜咲く »

千早都の日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 放置自転車=粗大ごみ:

« 映るもの映らぬもの | トップページ | 桜咲く »