« 静止するしゃぼん玉 | トップページ | 咲き誇る »

きらめいて


陽の光が水面にキラキラ輝いて、あたりから色という色をすっかり奪い取っていく。キレイ、確かにキレイだ。けれど、その残酷なまでの美しさは、光りあるもののおごりにさえ見えることがある。

|

« 静止するしゃぼん玉 | トップページ | 咲き誇る »

千早都の日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: きらめいて:

« 静止するしゃぼん玉 | トップページ | 咲き誇る »