« 桜川 | トップページ | 芽が出て »

陽の当たる人、陰の人


これは、年度始めという季節によるものかもしれない。陽が当たるからこそ陰になる部分ができるのであり、陰があるからこそ照らされている部分が余計明るくなるのだ、ということを強く感じている。陰の方からは陽の当たる方がとてもよく見えるが、陽の当たる方からすると、陰の存在など目に入らなってしまいがちだ。特に陽の当たっている人はこのことを肝に銘じるべきだろう。

|

« 桜川 | トップページ | 芽が出て »

千早都の日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 陽の当たる人、陰の人:

« 桜川 | トップページ | 芽が出て »