« どどんどどん | トップページ | 空割れて »

壁の花


壁の花は、その姿を一寸たりとも変えることなくいつまでもそこに咲き続ける。なんど見てもいつ見ても、君は何も変わらない。多分、君がこちら側を見て思うんだろうね、何でそういつもいつも違うんだろうって。

|

« どどんどどん | トップページ | 空割れて »

千早都の日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 壁の花:

« どどんどどん | トップページ | 空割れて »