« 露もしくは梅雨? | トップページ | セキュリティ・ゲート »

にぶい扉


人間の手や足のみならず、肩などを挟んでも平気でそのまま閉めようとするエレベータの扉。あまりにもにぶすぎて、挟まれた当事者としてはたまったものではない。どんくさいわけではないが、私も何度か痛い目に遭ったことがある。自衛策としては、閉まりそうなのには乗り込まないぐらいしか手がないのだが、こういうエレベータほど閉まるのが早くて、駆け込み乗車でなくても扉にひっかかることが多いのが実情だ。思い切り挟んでしまってから、あ、挟んでたんだ!と感知して開く扉。もし誰も見ていなかったら・・・殴りたくなる扉。

|

« 露もしくは梅雨? | トップページ | セキュリティ・ゲート »

千早都の日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: にぶい扉:

« 露もしくは梅雨? | トップページ | セキュリティ・ゲート »