« それは残酷かも知れず | トップページ | 貼りついたクラゲ »

黄色い金平糖


次々と咲いた春の花もそろそろピークを超え一段落。そんな中でも、葉陰にひっそり咲くもの、アスファルトを突き破ってでも頑として咲くものなど、さまざまな花が見受けられる。きっと足元を注意してみるともっともっと見つかることだろう。その生き様が多様だからこそ面白い。人間もきっとそうだ。

|

« それは残酷かも知れず | トップページ | 貼りついたクラゲ »

千早都の日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黄色い金平糖:

« それは残酷かも知れず | トップページ | 貼りついたクラゲ »