« 風鈴のように | トップページ | 雨樋に生きる »

覗きこんだら


にぶく光る器の中を覗きこんでみた。そこには何かが映っているようでもあり、何もないようでもある。ここまで視界をぐにゃぐにゃにされると、もう手も足も出ない。

|

« 風鈴のように | トップページ | 雨樋に生きる »

千早都の日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 覗きこんだら:

« 風鈴のように | トップページ | 雨樋に生きる »