« 朝焼け午前四時 | トップページ | 風鈴のように »

世界にたった一枚の絵


梅雨入りした日の午後は見事なほど晴れ上がり、暗い雲はみるみるうちに流れ去って行った。空に残る光と雲の大絵巻。二度と見ることのできない姿を目に映す。

|

« 朝焼け午前四時 | トップページ | 風鈴のように »

千早都の日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界にたった一枚の絵:

« 朝焼け午前四時 | トップページ | 風鈴のように »