« 君が赤くなる頃には | トップページ | 茜の帯 »

囚われの身


そこから抜け出したくて隙間から手を伸ばす。足を出す。叫びをあげ助けを求める。繁殖力の強い「毒痛み(どくだみ)」は、庭や石垣、アスファルトの道路、ちょっとしたコンクリートの隙間などからにょきにょきと姿を現し、その力強い花芯をこれみよがしに見せている。ひょっとしたら、生きる環境が厳しいところであればあるほど、こういった花はその力を発揮するのかもしれない。

|

« 君が赤くなる頃には | トップページ | 茜の帯 »

千早都の日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 囚われの身:

« 君が赤くなる頃には | トップページ | 茜の帯 »