« 石灯篭に灯の入りて | トップページ | 立ち上がる雲 »

あぁしんど~


こうも雨が降らないでカンカン照りが続くと紫陽花の花はもたない。じわじわと色づいていた花びらは萎れうなだれ終わりを待っている。さっさと花の部分を切り落としたところもみられるが、自然のままに置かれている花からは、タメ口の一つも聞けそうだ。早々にチョン切られるのと命を全うするまで醜い姿を晒すのと、果たして花にとってはどちらが幸せなのだろう。

|

« 石灯篭に灯の入りて | トップページ | 立ち上がる雲 »

千早都の日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あぁしんど~:

« 石灯篭に灯の入りて | トップページ | 立ち上がる雲 »