« 大股で空を歩く | トップページ | 坂道 »

あっという間に草の海


古い家を壊し更地にする。そこから次の建物着工までの間に時間を置いてしまうと、あっという間にその地は草の海となる。どこから種が飛んできたのか、それとも土の中に元々含まれていたのだろうか。ひと雨ごとに緑が増え背丈もぐんぐん伸びる。花まで咲きはじめるものもある。いつまでの命かわからないが、その生命力には目を見張るばかりだ。

|

« 大股で空を歩く | トップページ | 坂道 »

千早都の日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あっという間に草の海:

« 大股で空を歩く | トップページ | 坂道 »