« ちぢれっこ | トップページ | あっという間に草の海 »

大股で空を歩く


いつまでも暮れない空にふわりふわりと浮かぶ雲。それはまるで、手を大きく前後に振り、長い足を目一杯広げて歩く巨人のようだった。

|

« ちぢれっこ | トップページ | あっという間に草の海 »

千早都の日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大股で空を歩く:

« ちぢれっこ | トップページ | あっという間に草の海 »