« 電線を挟んで | トップページ | 石灯篭に灯の入りて »

夏の一輪


朝顔は、朝咲いて昼過ぎには萎んでしまうが、それ以外の夏の花はたいてい咲いたらしばらくは咲きっぱなし、春や秋の花に比べてとても長持ちだ。その命の源泉はやはり太陽だろうか。

|

« 電線を挟んで | トップページ | 石灯篭に灯の入りて »

千早都の日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏の一輪:

« 電線を挟んで | トップページ | 石灯篭に灯の入りて »