« 待合室という名の・・・ | トップページ | 後ろ姿に惚れてしまう »

月がいっぱい


使うのがもったいないぐらいのきれいな洗面台。そこには三日月がいっぱい描かれている。そういえば、今年の八月は満月が二回訪れる、とてもラッキーな月だそうだ。一回目はこの目で見たが、さて、二回目の月末はその幸運にあやかれるだろうか。

|

« 待合室という名の・・・ | トップページ | 後ろ姿に惚れてしまう »

千早都の日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 月がいっぱい:

« 待合室という名の・・・ | トップページ | 後ろ姿に惚れてしまう »