« 風の行方、光の彼方 | トップページ | よいしょっ、よいしょ »

ぱちぱちっ


曼珠沙華が夏を彩る大一番の花火だとすれば、こちらはあちこちでこちょこっと開く小さな小さなしかけ花火。はじけ方も小ぶりで可愛らしい。ところで、花を見るとカメラを向けたくなるのがこのところの悪い癖だが、自分の頭の中での記憶がどんどん揮発性になっていく昨今、これが記憶をとどめる一つの有効な方法かもしれない。

|

« 風の行方、光の彼方 | トップページ | よいしょっ、よいしょ »

千早都の日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぱちぱちっ:

« 風の行方、光の彼方 | トップページ | よいしょっ、よいしょ »