« 送り火のように | トップページ | 二人の差はいったい? »

君さえ居なければ


いつも、というわけではないけれど、空気の澄んでいる日には、オフィスの高層階からきれいな富士山が見えることが多かった。しかし、目の前に高層ビルが建ち並び、今では見えてもビルの隙間からかろうじて、という程度だ。とっても自分勝手な考え方だとはわかっているけれど、君さえそこに居なければ、くっきりはっきり富士山が見えたんだ、ここから。

|

« 送り火のように | トップページ | 二人の差はいったい? »

千早都の日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 君さえ居なければ:

« 送り火のように | トップページ | 二人の差はいったい? »