« 半身 | トップページ | ぱらりぱらりと »

光溢れる街を歩けば


辺りが暗くなると、ぱらぱらぱらっと灯が入る。暗さを増すごとに光は輝きを増し、一帯は光のハーモニーを奏で始める。時折吹く冷風がコートを叩くけれど、光溢れる街を歩けばほわほわっとしたぬくもりが体の中から湧いてくる。

|

« 半身 | トップページ | ぱらりぱらりと »

千早都の日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 光溢れる街を歩けば:

« 半身 | トップページ | ぱらりぱらりと »