« そしてついに骨だけが | トップページ | 送り火のように »

青い光とクリスマス


今年のクリスマス飾りの光ものは、青もしくは白が多いという。理由は発光ダイオードのおかげだそうだ。そういわれてみれば、新しめの電飾は、白もしくは青で統一されていることが多い。もしこれが従来の寒い冬であれば、やっぱり暖色系のほんわかした光が恋しくなるだろう。しかし、幸か不幸か今年はまだ冬だと感じる日が少なく、青い光や白い光を見て、わぁきれい・・・と思える余裕がどこかにあるようだ。

|

« そしてついに骨だけが | トップページ | 送り火のように »

千早都の日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青い光とクリスマス:

« そしてついに骨だけが | トップページ | 送り火のように »