« 何が見えますか | トップページ | 壊れそうなキミ »

天の狂い、地の叫び


ごうごうと唸る風。ばたばたと叩きつけられた大地は身を震わせ声にならない声をあげる。温帯低気圧に化けた台風は、天をカッカと燃え上がらせ、地上をぬくぬくと温めた。まるで、「その日」を予感させるかのように。

|

« 何が見えますか | トップページ | 壊れそうなキミ »

千早都の日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天の狂い、地の叫び:

« 何が見えますか | トップページ | 壊れそうなキミ »