« (2004/12/31分)切れ味 | トップページ | 夜明け前 »

(2005/01/01分)雪と南天


赤い実をいっぱいつけた南天が、降り続いた雪の重みに耐えている。日差しに少しずつ解ける雪。木の隙間からボソッと落ちる雪。重荷から解放される時は近いぞ。

|

« (2004/12/31分)切れ味 | トップページ | 夜明け前 »

千早都の日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (2005/01/01分)雪と南天:

« (2004/12/31分)切れ味 | トップページ | 夜明け前 »