« 夜明け前 | トップページ | 輪の向こう側 »

雪のベッド


てらてらと溶け出した雪の上に舞い降りるもみじ。赤いまま命の手綱が途絶え、雪のベッドに抱かれる。

|

« 夜明け前 | トップページ | 輪の向こう側 »

千早都の日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪のベッド:

« 夜明け前 | トップページ | 輪の向こう側 »