« 新筍 | トップページ | 春までの距離 »

猫に願いを


猫を奉り立て、賽銭箱の前でガランガランと鈴を鳴らしパンパンと両手を打ち鳴らし願をかける。お遊びだとは思うけど、子供から若い子たちにはこれが人気らしい。もちろん仕掛ける側は商魂たくましく有料の猫みくじを横に置いており、お参りしたからにはこれを逃すわけにはいかないらしい。笑っちゃいけないのだろうが、ついぷっと出てしまう。

|

« 新筍 | トップページ | 春までの距離 »

千早都の日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 猫に願いを:

« 新筍 | トップページ | 春までの距離 »