« 六角形 | トップページ | 体が歓ぶ食事 »

びっしょり


朝、東向きの窓がびっしり曇っていて何も見えないなぁと思っていたら、朝陽が上がってくるにつれびっしょりになっていった。うちは、マンションという密閉空間が比較的暖かいのと、生まれ育った京都より東京の方が格段に過ごしやすいこと、それに暖房特有のむっとした空気が得意でないので、今シーズンも暖房はあるけど一度もつけていない。だから、ガラス窓がこんな風になるのはとても珍しいのだ。

|

« 六角形 | トップページ | 体が歓ぶ食事 »

千早都の日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: びっしょり:

« 六角形 | トップページ | 体が歓ぶ食事 »