« 熱源 | トップページ | たらり~ん »

鈴なり


これでも桜だろうか、というほど濃い桃色の花が、下向きにずらりと並んでいる。木を見ても花を見てもまぎれもなく桜なのだが、はかなさとはおよそ無縁なほど強い色にすっかり圧倒されてしまった。おかげで、心が荒んでいたのもどこへやら、だいぶ本来の自分を取り戻すことができた。

|

« 熱源 | トップページ | たらり~ん »

千早都の日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鈴なり:

« 熱源 | トップページ | たらり~ん »