« 鈴なり | トップページ | 消火器の袋包み »

たらり~ん


三月もお彼岸を過ぎたというのに雪。合宿で磐梯熱海の駅に降り立つと、外は目を開けてまっすぐ歩けないほどの猛吹雪。思わず目の前の蕎麦屋に駆け込み暖かいものをいただく。屋根からは途中で切れたような氷柱が心細げに並んでいる。東京では見頃を過ぎた梅も雪にさらされところどころに氷柱がぶら下がっている。これはまるで抜け落ちた歯のようだと思い、シャッターを押した。

|

« 鈴なり | トップページ | 消火器の袋包み »

千早都の日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たらり~ん:

« 鈴なり | トップページ | 消火器の袋包み »