« 消えかけの警告 | トップページ | 中途半端な破壊 »

花は散っても花があり


先週末満開になった桜は、ここ数日の冷たい雨と風によりあえなく散ったものと意地でもしがみついて離れないものに分かれた。ところが、花びらが散った後にはより濃いピンクの花がまたついているように見える。よくよく見れば、花びらを支えていた「がく」が花の形に見えていることがわかるのだが、これはまさに一粒で二度美味しいパターンだ。

|

« 消えかけの警告 | トップページ | 中途半端な破壊 »

千早都の日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花は散っても花があり:

« 消えかけの警告 | トップページ | 中途半端な破壊 »