« いつか切れる日 | トップページ | 三者揃い踏み »

ダブル


自分は一人のはずなのに、そこに立つと二人の私が映る。リアルな私は確かに一人、でもそこから生まれる私の像は、人の瞳が映し出すものを考えれば無数にある。

|

« いつか切れる日 | トップページ | 三者揃い踏み »

千早都の日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダブル:

« いつか切れる日 | トップページ | 三者揃い踏み »