« 元気つけなきゃ | トップページ | 見納め »

真空管600本以上


日本に初めて上陸したコンピュータには、真空管が600本以上あったという。そんなに本数があると、しょっちゅうどれかが切れて使い物にならなくなるだろうと思いきや、切れそうな真空管は切れる前に取り替える、というのが当時のやり方だったそうだ。それにしても、切れそうな・・・ってどうやってわかるのか。やはり長年の経験と勘がモノをいうのだろうか。

|

« 元気つけなきゃ | トップページ | 見納め »

千早都の日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真空管600本以上:

« 元気つけなきゃ | トップページ | 見納め »