« スクランブル | トップページ | こぼれしもの »

つまづき


そこに大きな段差がある。そのことに気付いてもらえるよう、段のところを黄色に塗って点滅のライトまで施してある。低床バスならではの構造だが、どうもこの段差は言い訳っぽくて嫌だ。ここまで目立つようにしてやっているんだから、つまづくやつがバカなんだ・・・という驕りさえ感じる。そもそもそんな設計にしなければならなかったこと自体が間違いじゃなかったのか。

|

« スクランブル | トップページ | こぼれしもの »

千早都の日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: つまづき:

« スクランブル | トップページ | こぼれしもの »