« 息をひそめて | トップページ | 身を守る »

露を体に受け止めて


雨だからといって開いた花びらを閉じることもできず、雨露をたっぷり受け止めた花。少しふやけたような花びらには、なまめかしささえ感じる。これでパッと晴れ上がれば、もう一度しゃんとした姿を見せてくれることだろう。

|

« 息をひそめて | トップページ | 身を守る »

千早都の日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 露を体に受け止めて:

« 息をひそめて | トップページ | 身を守る »