« 見納め | トップページ | 欲求 »

流れ込む


次から次へと一点に向けて電車が流れ込む。一点、とは言っても、その一点は次の一点に続いているだけの、刹那的なポイントに過ぎない。ただ、人間の目の、頭の追いかけられる範囲内で任意のポイントを設定しているに過ぎないのだけれど。

|

« 見納め | トップページ | 欲求 »

千早都の日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 流れ込む:

« 見納め | トップページ | 欲求 »