« 露を体に受け止めて | トップページ | 頬杖ついて »

身を守る


ぎゅっと結んだ花つぼみ。一見ふんわりとしているように見えるが、これまた頑丈な鎧となってうぶ毛にがっちり覆われている。さしずめ、やがて咲く花のため万全を期している、といったところだろうか。

|

« 露を体に受け止めて | トップページ | 頬杖ついて »

千早都の日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 身を守る:

« 露を体に受け止めて | トップページ | 頬杖ついて »