« 突っ走る | トップページ | 手に入りにくいもの »

じーっと見てる


どんなにじーっと見つめていても、花にとまったバッタは身じろぎ一つしない。それなら指で掴んでやろうと黄緑の体に触れた瞬間、黒っぽい汁をぴゅっとかけられてしまった。こんなときは、やっぱりじーっと見ているに限る。

|

« 突っ走る | トップページ | 手に入りにくいもの »

千早都の日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: じーっと見てる:

« 突っ走る | トップページ | 手に入りにくいもの »