« 空を焼く | トップページ | えっ、なんや? »

キミとボク


「ねえねえ、ボクたち微妙な距離置いてない?」「そうね、もう少し近づいてきてくれない?」「キミこそもうちょっと近寄ってくれてもいいじゃないか?」「そんなこと言ったって、わたし、ここから一歩も動けないの。」「ボクだって。」「わたしたち、ずっとここにいなきゃいけないの?」「うーん・・・。」二人の像が寂しそうにたたずむ。

|

« 空を焼く | トップページ | えっ、なんや? »

千早都の日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キミとボク:

« 空を焼く | トップページ | えっ、なんや? »