« かつて夢を乗せていた | トップページ | さつまチップス »

枝豆ご飯+ひと手間


彩り鮮やか、かつ、新鮮な味。きれいな豆色を保つ気配り、食感を保つためのゆで豆甘皮剥き(薄皮取り)、そして、極めつけはみょうが。何でも、千切りにしてごま油・塩、それにしょうゆをたらし下味をつけた上で豆とともにご飯に混ぜるのだとか。一見何でもないような豆ご飯をここまで美味しくさせるのは、食へのこだわりとひと手間、ふた手間のようだ。

|

« かつて夢を乗せていた | トップページ | さつまチップス »

千早都の日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 枝豆ご飯+ひと手間:

« かつて夢を乗せていた | トップページ | さつまチップス »