« 祭りのシーズン | トップページ | 翌朝 »

ぱっかり割れた朝


夜明け前。ふと目が覚めて東の空を見てみると、この季節には珍しく、空がぱっかり割れている。まるで、夏の空気と秋の空気が自陣をしっかり守っているかのように。やがて、太陽が顔を出し、その境目は徐々に曖昧になっていった。

|

« 祭りのシーズン | トップページ | 翌朝 »

千早都の日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぱっかり割れた朝:

« 祭りのシーズン | トップページ | 翌朝 »