« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

ズームアップ

131031

1310311
 
1310312
あまりに幹の緑が鮮やかだったので、ついついズームアップ。こういう色は、やはり自然界ならではの色だなぁと思いつつ、しばらく見入ってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カボチャの季節

131030

大きいもの小さいのも、まるいのもひん曲がってるのも、いろいろあるからおもしろい。そんなカボチャがずらりと並んでいるのもいいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美味しいものを食べれば話も弾む?!

131029

1310291
 
1310292
タコのカルパッチョ、鯵のなめろう、鯛飯・・・美味しいものを食べれば話も弾む、というのはまんざら嘘でもなかろう。7名のお姉さま方といただく晩御飯。美味しくいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

色づいて、じゃなくて、色づけて

131028

1310281
色を付けて1カ月もしないうちに白が目立ってくる。不経済なやつだなぁと思いながらも、また色を付ける…。

作業の合間を見計らい、夕方、近所の行きつけの美容室に滑り込む。白の目立つ生え際にぺたぺたぬりぬり。その後、ラップで包んでドライヤーをかぶる。いつも出していただくあっつーいお茶に加え、今日はお茶菓子もサービス、ありがたや~。そのあとは、しっかりシャンプー、タオルドライ、そして、少しマッサージも。少し髪を切り揃えながら、セットをしたら出来上がり。以上約2時間。これでまた1カ月だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

このパッケージのデザインは…

131027

左のは血液のしずくに、真ん中のは心臓に見えてしまった。さすがに右のはちゃんとトマトに見えたけど、一度そう見えてしまうともうダメ。これが味付海苔のバリエーションなんだと説明を受けても、もう手を出す気にはなれない。 ごめんなさい。

※ちなみに、左のはしょうゆ、真ん中のはショウガだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

にく、にく、にく…の補給

131026

1310261
 
1310262
魚もいいけど肉も好き。これも何かのめぐりあい。桜ユッケに焼き肉の盛り合わせ、ホルモンの盛り合わせ。じっくり美味しくいただきました。いろいろなスケジュールがグダグダの中、少しは元気になれたかな、っと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

見合って見合って

131025

そういえば、人と真正面から見合うというのは、スポーツの世界以外ではあまりないかもしれない。何となく照れ臭いような感じがして、吹き出してしまいそうで、もしくは、見合うと少し怖いような気もして、見合うことを敬遠しがちなのかもしれない。逆に、見合うことができる人は貴重な存在なのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

怪しげな雲、怪しげな船、怪しげな…

131024

怪しげ三拍子…と、無理矢理揃える必要はないのだけど、二つ並べるとつい三つ目も言いたくなってしまう。今週も週末にかけて日毎雲行きが怪しくなってきているけれど、どうか人間だけは怪しくならないでいてほしいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くいっと曲がって…

131023

じゃんけんホイホイあっちむいてホイッ!なのか、ひねりのきいたところを見せ合っているのか、この曲がり具合がなんともいえない感じです。あっ、そうそう、今来ている台風もツインでこんな感じに曲がってくるのかなぁと思ったり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何度も何度も壊されて

131022

実はかなり以前からこの中途半端な状態のガードレール。ここは下りの急カーブ地点。スピードを出し過ぎて曲がり切れず突っ込むクルマが多いため、それなりにガードはされているものの、しょっちゅうメンテナンス状態になる。今回はすぐに治すことはしない、という意味か、抜けた支柱はテープでぶら下げられ、空いた穴はとりあえず埋めてある…ということは、次はもっと本格的に手を入れるのだろうか?それとも予算がなくって放置プレーか?いつもここを往復通勤で歩く人間としては、緊張感が走る箇所でもある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あなたに逢いに行きました

131021

1310211
 
1310212
身体はきっと疲れ果てていたのだけど、私を呼ぶ声が聞こえた気がして、あなたに逢いに行きました。

国立のコートギャラリーで開催中の鈴木和道さんの個展。雨にもかかわらず次から次へとお客さまがお見えになる素敵な空間へ足を運びました。新作と見慣れた作品の中に、やはり、あなたは待っていてくれたのですね。「ショコラ・スマイル」…その食いしん坊な顔はまるで自画像のよう。もう何度も逢っていながら、なかなか踏み切れなかったのだけれど、そろそろ嫁入り(婿入り?)してもいいかな、ということで、あなたと一緒に暮らすことを決めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甘味補給

131020

今日(厳密には昨日の土曜日)あったことは、明日以降にレポートするとして、どうやらこうやら一つの大きな行事を終え、ほっとひと息。こういうときには、お酒よりも甘いものがほしくなります。反省することも多々ありますが、何とかやってこれたのも、みなさまのあたたかい支えあってこそ。ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海の幸

131019

1310191
 
1310192
いただけるものはいただけるときに。あれやこれやと、美味しくいただきました。これでもう思い残すことはございません…とは大げさだけど、食べるものとのご縁も一期一会。ありがたく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

待たせることと待つことと

131018

1310181
通過する電車を見送りながら、ふと思う。わたしはやっぱり待たせるより待つほうがいいなぁと。人にもよるのだろうが、人を待たせるというのはやっぱり心苦しい。それだったら自分が先回りして待っているほうがいい。ちゃんと来るかな、来ないかな…期待と不安が交錯するあの感じ、嫌いじゃないから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風の後、鶴がやってきた

131017

1310171
雨風強い間は家の中で待機。こんなときでないとできないことをこなしつつ、風の過ぎるのを待つ。やがて空が晴れ、交通機関がそれなりに動き出すのを待って家を出る。電車はそれなりに混んでいたものの、まずまず順調。いつもの月島からの徒歩ルートは、意外にも、風はほとんどなく、水辺も静か。川べりには多くの鳩やカモメが飛来していて、のどかな雰囲気に。橋のたもとには鶴の姿も。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

雨のステイション

131016

1310161
早めの決断。早めの行動。そわそわしながら仕事をするのも悪くはないけれど、やっぱりここはさくっと帰るべし・・・ということで、まだ雨がむちゃくちゃではなかった時間の雨のステイション。傘で防げる程度の雨が降っていました。通り過ぎる人はみな無口でした、やはり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昼の顔、夜の顔

131015

1310151
早い時間から飲めるところを探してふらりふらり。たどりついたところは中目黒の名店(?)らしく、午後四時という時間ながらとっても賑わっていて、果たして6名という団体が入れるのか入り口で躊躇したぐらいだった。ちょうど立ったお客さんが居た関係で何とか着席。昔ながらの風情の中に、かろうじて日本語が通じるか?という感じのお店の方がせわしなく行き来する。リーズナブルにさくっと仕上げて店を出れば、夜は夜でまた店の雰囲気がいい感じに。また中目黒に来ることがあれば立ち寄ってみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サバランのしっとり感

131014

少しまとまった時間がとれた。よーし!と集中していたら、あれやってー!これお願い!と次々に舞い込む事案。どれも、即対応がもしくは急ぎの作業。ちゃっちゃと済ませばいいやと思い、ひとつひとつ対応していたら、あっという間に日が暮れてしまい…。夜、頭が甘味を求めて近所のスーパーのショーケースにあるサバランに狙いを定めた。ラム酒たっぷりのしっとり感がいい。何とか頭を元に戻し、少し長くなった夜へ突入した日曜日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「氷」が恋しい日

131013

10月なのに30度超え。外を歩けば汗だらだら。そんな中、見つけました、「氷」の文字を。そこは昔からある珈琲店。入ったことはないのだけど、つい、ちらっと外からのぞいたりして。結局はそこに踏み込めず、スーパーで買ったアイスを家で食べたのですが、風にはためく「氷」はやっぱり魅力的だったなぁと、後からしみじみ思う土曜日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

侘び草

131012

水の上でも水中でもしっかり生きられるってやっぱりすごいことだ。水陸両用で、あっという間ににょきにょきっとなるらしいから、育てるには都合がいいのだろうけど、その逞しさ、柔軟性のところは本当にうらやましい限り。それでいて、「侘び草」という塩らしい名前がついているところがまたよかったり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

収録現場にて玉袋筋太郎さんと

131011

1310111
 
1310112
「玉ちゃんの人生酒場~唄は世につれママにつれ~」というMXテレビの5分番組。これに、新橋の行きつけのスナック「はづき」が出る!ということで、その収録現場に急行。撮影隊8名が準備を整えたところに、北野軍団の1人、浅草キッドの玉袋筋太郎さんが到着。お着替え、メイクをささっとすませ、撮影がちゃっちゃと進む。番組のメインとなるママの1曲は、自慢の喉で高橋真梨子の「ごめんね・・・」を披露。これが5分番組にぎゅっと編集されるんだなぁ、あんな感じかなぁ、こんな感じかなぁと想像しながら、楽しい立ち合いはあっという間でした。実は、収録は月1回4軒を一気に回るロケで、ことで、ここが今日の一軒目。収録終了と同時に撮影隊は移動したけれど、少し時間があるとのことで玉ちゃんとしばし歓談。本当に頭の切れるステキな方でした。
玉ちゃんと私の写真 
玉ちゃんとママの写真 
ちなみに、オンエアは、MXテレビで11月8日の21:55から5分間。これは見逃せない!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スタバでコーヒーセミナー

131010

1310101
ちょっと作業でもしようかと、夜の打ち合わせ前にスタバへ。シュガードーナツとラテを頼んで出来上がりを待っていたら、五分後に始まる予定のコーヒーセミナーのお誘いが。まあとりあえず少し時間もあるし、こういう機会ってそうそうないだろうし、と参加表明。もう一名OKをした方と一緒に話をきくこととなった。オリガミという名のパーソナルドリップタイプの紹介とコーヒーの正しい入れ方、そして飲み方を、体験を交えて次々と。最後にはデビルズケーキという名の濃厚で美味しいチョコケーキの試食もあり、お腹いっぱいタプタプ状態に。最後にはおみやげもいただいて、満足の30分。このオリガミというのは、お値段ちょっと高めなので、どちらかというとギフト用かな、っと。ともあれ、ひとつひとつ心をこめて説明する店員さんお二人の姿もステキでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひと息いれて

131009

ちょっとカフェでひと息いれる余裕もない日が続いている。いや、カフェに入るぐらいどうってことないのだけど、時間に追われていてどこか心に余裕がないのだ。ほとんどが自ら望んでやっていることなのだから、誰に当たることでもないのだけど、好きなライブに行ったり、会いたい人に会ったり、見たい映画を見たり、読みたい本を読んだり…そんな時間がちゃんと取れないのはやっぱりどこかおかしい。もちろん、一気にががーっとやる時期も大切。だけど、さすがに、ひと息いれたくなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

焦点が合わない

131008_2

どうしても集中できない、焦点を合わせることができないときがある。ぼんやりしているわけにはいかないので、やむを得ず感覚で何とかしてしまうこともあるけれど。

さて、この焦点の合わない写真に映っているものは何でしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一匹狼

131007

黄色い花一輪。薄暗い中、ぽっと灯りがついているのかと思うぐらい、そこだけが明るい。いくつもの花が咲き揃っているのも見事だけれど、一匹狼のように一輪しっかり咲いているのもカッコいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひとりちっちゃくぽつんと咲いて

131006

一粒のあざやかなピンク。だれかがボタンでも落としたのかと思って近づいてみると、ちっちゃくともひとり咲いているバラのような花。まわりはしっかり草が抜かれているのに、この部分だけ残された…ということは、花が咲くことを知っている方が手入れされているのだろう。たった一本。たった一つの花だけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

目がチカチカするフロア

131005

1310051
そこに足を踏み入れようとして、一瞬躊躇。なんじゃこりゃ?これってあの、3Dに見えるという模様ではありませんか!なんでこんなカフェのフロアにこれを?しばらく見ていると目がチカチカ、クラクラしてくるんですけど、私だけかなぁ。どういう意図があってこの柄を選んだのだろう…かなり不思議。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋空七変化

131004

1310041
 
1310042
朝のほんのわずかの間に、次々と違う表情を見せる空。ああもうこんなの見てしまったら、今日を生きられるだけでまるもうけ、という気がしてくる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

濡れた木肌

131003

雨でじっとり濡れた桜の木肌。つるつるでもなくざらざらでもなく。モノクロに煙る世界の中で、その黒く光る木肌は、見方によってはかなりセクシーだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よくできた企画

131002

1310021
新橋某所で食事をいただきながら見せていただいたある番組の企画書。企画自体もさることながら、よくよくきいてみると、企画に巻き込んでいくアプローチがなかなかのもの。有無を言わせぬ、とはまさにこのことを言うんだ!と感心するばかり。見習わねば。さて、これから約1週間の展開が今からとっても楽しみになってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

癒しの魚たち

131001

1310011
 
1310012
ちょっと行き詰ったときに彼らを見たら、何だか頭がすぅーっとしてきた。ああ、これが癒しなんだなぁ、きっと。金魚ちゃんたちに癒されていると、あるミュージシャンが言っていたのを思い出す。ショッピングモールの一角で、狭いながらもすーいすいと泳ぐ彼らの姿にあやかって、私もすーいすいと行きたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »