« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

表と裏、右と左、上と下…

131231

何の隠しごとも嘘もなく、表の世界だけでまっすぐに生きたい…個人の生き方としてなら、確かにそれは理想だし、それを目標にすることはステキだ。しかし、ある集団、企業、国といったレベルにおいては、その集団の益を守るため、ダブルスタンダードになることはごく自然なことだ。あちらこちらに気を配り、双方を立てながら、ときに譲歩したり牽制したり。多様な世の中を求め、そこで生きて行く覚悟ならば、したたかに、しなやかに、考え動くことが必要になってくる。きらびやかなものの裏には何があるか。当たり前の風景は何が支えているのか。360度見渡しながら迎える年の瀬、そして新しい年。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中はどんな風になっているのだろう?

131230_2

1312301_2
 
1312302_2
中はいったいどんな風になっているのだろう?一度行ってこの目で確かめてみたい。新装オープンしてからずっと抱いていた思いをやっと現実化できた年末のひととき。それは想像以上にステキなところだった。建物のつくりもさることながら、中で働く方々のきびきびとした動作のひとつひとつ、声かけのひとことひとことがとてもしっくりきて心地良く、短いながらもいい時間を過ごさせてもらった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あなたはどの馬に賭けますか?

131229

1312291
東京ミッドタウンで見つけたお馬さんたち。来年にかける願い事はたくさんあれど、ひとつ選ぶのはなかなか難しいかもしれない。受験を控えていたり、勝負事がある方は、やはり「必勝祈願」?商売をされている方は迷うことなく「商売繁盛」?お金に困っている方は「金運上昇」?…でも、一般的には「無病息災」を選ぶ方が多い?さて、あなたはどの馬に賭けますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あなたとわたし…そんなあり方もありかなと

131228

どちらがあなたでどちらがわたしかはこの際どちらでもよいとして、いい午年を迎えたいものです。とりあえず会社仕事は一段落いたしました。年末年始はそれ以外の仕事をやる予定ですので、関係各位、何卒よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美味しいものをひとつずつ味わいながら

131227

1312271
 
1312272
世の風に振り回されながらも、軸をぶらさずにやってきた方々とのちっちゃな忘年会。お店一押しの小籠包に、エビチリや麻婆豆腐、角煮に、箸休めにきゅうりのたたきなど、どの一品も美味しくて、しっかり味わいながらいただくことができた。話題はといえば一次会、二次会ともずーっと仕事モード、こんなに外れない人たちってすごいなぁと思いつつ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青空に花を添えて

131226

たまに昼間外を歩くといいことがあるようです。サザンカの濃いピンクが青い空に映えて、「ステキ!」と思えた瞬間を撮ってみました。寒いとどうしても外に出るのが億劫になってしまいがち。これは、たまたま外出先からオフィスに戻るところでしたが、あたたかいところでぬくぬくしてないで、勇気を振り絞ってエイッって出てみるのも大事かな、っと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスという口実のもとで

131225

ケーキを食べたりお酒を飲んだりパーティーを開いたり…クリスマスの何たるかはともかく、いろいろな口実に使えるのがクリスマス。例にもれず、うちでもイチゴどっさりのタルトをいただきました。何はともあれまたクリスマスを迎えることができたことに感謝して。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カレー、牡蠣鍋…

131224

1312241
いやはや、個人的にはちっともクリスマスイブらしくないのですが、食欲があるということはとりあえず元気だということで。クリスマスイブイブの昨日は、お昼にナンの美味しいお店でカレーを、夜には家で牡蠣鍋をして、お腹の中から温めてみました。今年も残りわずかとなりましたが、できるだけやり残しのないように、元気に突っ走ろうと思っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やられた感強し…プレミアムロールいちごのせ

131223

ちょこっと近所のローソンに寄ったが最後、目に飛び込んできたプレミアムロール。しかも、見慣れないことに、いちごが真ん中にちょこん(いちごなしのいつものも並んでいたけれど)。よく見てみたら、月に1回22日にだけ発売されるものだとか。そんでもって価格はいつものと同じ…まあなんと言葉巧みな勧誘…しっかりやられてしまいました。
肝心のいちごはといえば、一粒を半分に割ったのが、ちょこんと載っているだけ…なんですけどね。
あ、お味の方は…はい、いつものプレミアムロールでした。美味しゅうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

堤智恵子Saxライブ@朝霞台停車場2013.12.21

131221

1312211
 
1312212
 
1312213
復活から約半年。私自身は約1年ぶりとすっかりご無沙汰だったけれど、やっと堤智恵子さんのライブにおじゃますることができた。盤石のメンバとともに、以前と変わらない、いや、はるかにパワーアップしたステキなライブ。やはり、守るべきものがあると人はますます強くなるようだ。

彼女たちの演奏を心待ちにしていた超満員のお客様。ライブハウス停車場はママさんの作り出す空間がいつもとてもあたたかくて、どんなに混雑していてもも心地良く、それがまたいい演奏につながっているようだ。

メンバとセットリストはこんな感じでした。アニメも歌謡曲もオリジナルナンバーも織り交ぜながら、熱くて元気な2セット。

堤智恵子(as)
二村希一(p)
箭島裕治(b),
平川象士(ds)

◆1set
ルパン三世のテーマ
君をのせて(天空のラピュタより)
Autumn Flower
太陽にほえるコナン(笑)
サンタが街にやってくる

◆2set
名前未定曲…Soaring Featherその2?→「A terminal」に決定したそうです。
クリスマスイブ
雪の華
すずかけの道
アメイジング・グレイス
Caribbean Evening Wind

◆アンコール
恋人たちのクリスマス
異邦人

ちなみに、ハプニングが一つ。平川さんが珍しく(?)タムホルダーを忘れた!ということで、ドラムソロパートでは、ベースの箭島さんが見事なフォロー。でも、そんな忘れ物を感じさせない平川さんの演奏もまた見事。

さて、私もパワーをもらったところで次作へGO!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

獺祭に喝采

131221

1312211
お店の入り口にこんな表示があったら、そそられること間違いなし。乾杯のビールの後はもっぱら獺祭をいただくことと相成りました。それも惰性ではなく、最後まで美味しいと思える、そんないいお酒でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日もお酒が飲めるのは…

131220

1312201
 
1312202
さすがに連日忘年会だとだいぶ疲れてきておりますが、どうやらこうやら金曜日を迎えます。鹿児島ものを中心としたお料理とお酒の数々、堪能させていただきました。ここ9カ月近く一緒に仕事をしてきた方々とともに。ごちそうさまでした。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスモードの忘年会

131219

1312191
 
1312192
連日何やら続いておりますが、今宵は、この一年、毎月イベントを実施し、仲間を増やしつつ信頼できるメンバとコトを作り上げていく、そんなこんなで突っ走ってきた東京ソーシャルシフトの会の忘年会。約40名が蔵前のリバーサイドに集い、労をねぎらい翌年の抱負を述べ合う。『志に人が集い、共感で人が動く』をコンセプトにして、一人ひとりが自分の魅力をいろんな形で引き出していく…少しずつですが、いい形になってきたようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛って何?愛はどこへ行った?

131218

1312181
 
1312182
松平直子さんと中西圭三さんによる、クリスマスディナーショー。場所はガーデンプレイスの斜め向かい。360度に配置したプロジェクター映像をバックに、素敵なデュエットをたくさん聴かせていただきました。もちろんソロのコーナーもあったけれど、やはりメインはデュエット。愛って何?愛はどこへ行った?ついに愛を見つけたよ…改めてLOVEソングの奥深さを感じた次第。
通常のコンサートやライブとは違い、ディナーショーとなると、一人で行くにはかなり勇気が必要。でも今回は、早くに古市じゅんちゃんに声をかけてもらったおかげで楽しいひとときを過ごすことに…じゅんちゃんに感謝!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シュー・シュー・・・

131217

おやつの時間です…って、今こんな時間に食べたわけじゃないんですが(笑)、スーパーやコンビニで買い物をするとどうしてもちょこっと手が伸びてしまうわけでして。これでひとときでも幸せな気分を買えるなら安いもんさ!とうそぶいてみたり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大学の同窓会関東支部忘年会は今年も王将で

131216

1312161
 
1312162
王将でこういった宴会メニューがあるのはごく限られた店だけらしい(少なくとも東京ではここ水道橋店だけ)。大皿料理5品に餃子食べ放題飲み放題つきで2500円ちょっとというのは、今時の大人の財布にもやさしいということで、昨年の忘年会、今年の暑気払いに続き、同窓会としてここにお邪魔するのはこれで3回目。今まで同窓会のイベントはちょっと…と思ってらった方も、参加してよかったよという方に誘われお越しいただき、参加者がじわじわと増えてきていることが、主催者サイドとしては何よりもうれしいことです。今回は40名近く、年代幅約40歳という中、年代問わず楽しく話し飲み食いをするという2時間は、本当にあっという間でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

にわか仕立ての高座にて

131215

1312151
えっ、こんなところで落語をやるの?…学校のホール、ステージに作られたにわか仕立ての高座。何でも図書館の机を運んで組み上げたそうな。高校生の保護者と生徒向けに企画された「笑いで学ぶ日本文化」というイベント。あえて足を運ばなければなかなか触れることのない落語。それに曲芸も加えたプログラムは、場に合わせた的確なつかみと話運びによって、とても楽しく凝縮されたものだった。ちなみに、プログラムは以下の通り、しめて一時間半。

落語解説  八代目 春風亭 柳橋
落語     二つ目 春風亭 笑松
太神楽曲芸 鏡味 初音
落語     八代目 春風亭 柳橋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホットひと息

131214

寒い夜。たまにはこんなふうにホットひと息入れたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほうれん草と海苔のゴマ油和え

131213

シンプルだけど美味しい。…この時期のほうれん草は茹でてカツオぶしにお醤油というのがオーソドックスな食べ方だ。けれど、この、韓国海苔とゴマ油で和えたものもなかなか美味しい。韓国海苔の塩辛い味がちょうどいい味付けになって、見た目にもきれいな一品に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イロイロツリー

131212

1312121
 
1312122
せっかく川崎に行ったので、ラゾーナのクリスマスツリーを見なければ、と、ちょっと寄り道。まず目に飛び込んできたのが真っ赤なツリー。これはいいや!と思ってみていたらどんどん色が変化する。もう何回でも眺めていたい気分。やっと私の心の中にもクリスマスが忍び込んできたようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トナカイツリー

131211

ツリーの形をしていれば、素材は何でもいいというと語弊がありそうだけど、本当のモミの木に飾り付けたものよりは、それ以外のものでツリーの形をしたものを多く見かける。先日東京国際フォーラムで見かけたのがトナカイのぬいぐるみで作ったトナカイツリー。このうちいくつかは、ピョコッ、ピョコッと時折動くものだから、小さな子供たちが興味をもって見ていた。大人はと言えば、どちらかというとトナカイというより馬に見えていたかもしれない。位置についてー、よーいどん!ここからみんなが放たれて、いっせいに放射状に走り出したら面白いだろうなぁ…というのは私だけの発想だろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

笛吹けば…

131210

どんなに思いを強くしていても、思っているだけではだれにも伝わらない。表情や態度に滲みでることはあっても、それがきちんと相手に伝わることはほとんどないと思った方がよいだろう。何らかの形で伝えたい…そのためには、人間ならばまず言葉を使うのが自然かもしれない。文章にしたり、話したり、歌にするというのもある。ただ吹けばいい、というものではないけれど、何らか発信することの大切さをひしと感じるこの頃。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウォークマンを聴く猿

131209

今日は結局マンションの外には出ずじまい。まあそんな日もあるなぁということで、写真は例によってうちのベランダから。少し方向を変えて北東側の空に浮かぶ雲。真っ白でも鉛色でもないその刷毛でざざっと塗ったような雲が、ふと、ウォークマンを聴く猿の頭の部分に見えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

万華鏡のように

131208

1312081
のんびりしている時間はないけど、少しだけ…と街のイルミネーションを見て歩く。遠くから見ればそれどほ特別なものには思えなかったのに、近づいてまるい柱を眺めてみたら、それはまるで万華鏡。あたりのイルミネーションをうまく乱反射している。どこまでが計算されていたのか、偶然なのかはわからないけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中へ、中へ…

131207

どこまでが内緒で、どこからがオープンか。個人の中にも、人には言えない、言いたくないものが何らかあるのと同じで、内緒のない世界というのは本来ありえない。また、その線引きは個々によって違うものだし、受け取り手によっても状況によっても変わってくるものだ。ふと、このきれいな薔薇の花びらの中へずんずん入って行ったらどうなるか…と考えながら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あなたとわたし

131206

あなたとわたし、向き合いながら、それぞれが光り輝く。近寄りすぎず遠すぎず、ほど良い距離を保ちながら。金星と三日月の夜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ざわざわ

131205

あんな空を見たり、こんな空を見たり。空から見れば私自身の存在なんてちっぽけのもの…なんて思いながら、ざわざわっとした空を見る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年の忘年会は鍋でスタート

131204

1312041
 
1312042
うすくちのお醤油ベース、透明ながら美味しいおだしの味でいただくお鍋。今年の本格的な忘年会は旬のお野菜たっぷりの鍋でスタート。一見いくらでもお腹に入りそうな具材だけど、おだしと一緒にいただいていると、あっという間にお腹いっぱいに。〆にはにゅうめんをいただき、すっかり満足のうちに、会は終了。せわしないスケジュールの中ではあったけど、ホッと一息つくことができた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

深夜にお邪魔しま~す

131203

ぺたぺたぺた。きっとそんな音もこちらの想像の中だけで、猫はそっと音も立てずに忍び寄ってくる。
「あら、見つかっちゃった?深夜に御邪魔しま~す。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春菊といえば鍋物だと思っていたけれど

131202_2

春菊というと、クセの強い冬の緑菜で、すき焼きや水炊きなどの鍋物に薬味っぽい彩りで少し入れるぐらいのものと思っていた。子供のうちは若干苦手でもあったことを思い出す。けれど、この、いただきものの春菊は違った。生でも大丈夫と言われ、半信半疑だったけど、軽くゆでてポン酢をかけていただくと、これがなかなか美味しい。クセがないとまではいわないけれど、クセより味があり、確かに生でもいけそうな気がした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無料フリマ、すなわち物々交換会

131201

1312011
フリマというと、どうしても、これいくら?と言われる。「無料」と言ってもなかなかピンとこないらしく、えっ?本当にいいの?となる。もう少し別の言い方があったらいいのかなぁ…。

今回2回目となる、マンション管理組合主催の無料フリマ。ご家庭で不要なもの、収納に入れっぱなしでどうみても自分のところでは使いそうにないものなどを持ち寄り、それを必要と思われる方に引き取ってもらう、というシステムを試みている。下手にお金を介すると、いろいろ面倒になるし、本来ならゴミになってしまうところを、うまくマンション内でリサイクルしたいという趣旨で、集会室を開放して実施。もし残ってしまったら、出品された方に原則引き取ってもらう、という条件ではあるけれど、なかなか面白い、助かるわー、という声が少しずつでも増えてきている。子供たちのおもちゃやグッズ、本や雑誌、衣類、靴、カバン、雑貨・・・いろいろなものが出入りして、見ているだけでも面白い。

実は、このイベントのもう一つの趣旨は、中の人の交流を図ることでもあり、モノを介して人と人が触れ合うこと、世代間交流などもいいのではないか?特にお金はかからないし・・・と私が言いだしたもの。会場に来て、そこに居る人と話し、「あっ、うちにはこんなのあるけどいる?」なんて会話が弾むのもいい。終わっておつかれさん、なんてやってると、あたりはすっかり日が暮れていたりする。さて、明日もまた朝から会場オープンだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »