« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

濡れてさらに鮮やかに

140630_2

にわか雨、雷雨、豪雨…あたりがどんどんブラックアウトしていく中、赤い花はどんどん引き立っていく。濡れてますます鮮やかに、しっとりと美しく輝くのだ。それは赤いものの特権かもしれない。いや、最初からそのつもりで、赤く咲いているのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

演奏も所作もぴしーっと!

140629

1406291
 
1406292
実は、ラッパものを極めた方の有力な就職先という自衛隊の音楽隊。今宵は運良く「航空自衛隊創設60周年記念演奏会」に。場所は、こんなことでもないとなかなか足を運べない錦糸町のすみだトリフォニーホール。ホール自体もステキ、演奏も決まってる!だけど、一番印象に残ったのは、隊員たちの所作。演奏する隊員のみならず、誘導などスタッフ側もすばらしく、観客側も開演5分前にはぴしーっと揃って静まり返るという、今まで見たことのないぐらい、双方がシャキッとした2時間でした。

演奏は、当然ながら空と飛行機のイメージのものが多かったですが、中には映画の迫力あるシーンを彷彿させるもの、心がポーンと抜けるものも。アンコールの「ふるさと」は厚みあるアレンジがずっしり。かと思えば、アンコール2曲目の「星に願いを」でジャジーな雰囲気も。最後は「空の精鋭」で元気にしめくくり。

また機会に恵まれれば、こういう演奏会にも足を運びたいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

墨を流したような空

140628

1406281
梅雨時の空は墨絵のようでもある。光をあまり通さない雲。墨を流したような低い雲。色々な雲が混ざり合い、あたりの色を消しこんで、素早く怪しく展開していく空模様。ぼーっと見ていると、こちらの心の中もモノトーンになっていく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

辛いものツアー第6弾(?!)決行

140627

1406271
 
1406272
一度は消えかけた企画でしたが、業界の重鎮がずらりと揃う辛いものツアーは、韓国、四川、タイ、ブータンなどを経て、今回ときわ台のテキサスメキシカン「TEXMEX」にて決行。辛いと言ってもハラペニョンを少し使ったものがあるぐらいで、基本は美味しいものをお酒とともにいただくという趣旨で、大盛り上がり。お酒のほうも、テキーラボンバーをみんなで体験、フローズンマルガリータやラム・テキーラのストレートなど、結構いい感じで進みました。次回の幹事を次の方にお願いし、デザートでピシッとしめて、盛会のうちに今回のツアー終了。とても濃い夜を、素敵なみなさまとともに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オニオンリングで繋がって

140626

1406261
「オニオンリング、オニオンリング…」呪文のように唱えていたら、ついにその日が到来。アメリカンな食べ物が好きな人ってたくさんいるようで案外周囲にはいないもの。だからこそ「オニオンリングの会」で、結束しようという試み。第1回はまずまずうまくいったようで、次回は私の隠れ家で決行することが決まった。写真は、厳密にはオニオンリングではないけれど、「特製オニオンローフ」。かき揚げの分厚いリング状のもの、とでも表現すればいいだろうか。これをフォークとナイフで切ってシェアしていただく代物。これ以外にも、カラマリやフローズンマルガリータなど、美味しいものをたくさんいただき、もうお腹いっぱい胸いっぱい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シングルだったりダブルだったり

140625

1406251
アガパンサスが見頃だ。夏の花火の季節を彷彿させるその姿は結構人の目を引く。こちらは小さなシングルの花火。あちらはダブルのちょっと豪勢な花火。そして…四方八方に花を広げるその姿に惹かれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お硬いのがお好き?

140624

そりゃ、どろどろのとろとろはちょっと困るけど、かといって、かちんこちんでなくてもいい感じ…ってのはこの、「凍らせておいしい」バニラアイス味のキットカットのことざんす。凍らせてパキッと折れるその音はなかなか良かったけど、凍らせるというなら本物のバニラアイスのほうが格段お味も食感も上のように思います。でもでもせっかくなので、一個いただいちゃいました。だって、食べてみないとわからないですから、こういうことは(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「幸つつみ」という名のうめ…っす!

140623

1406231
下手につまむとぐしゅっとなってしまいそうな、南部ハチミツ梅を昆布で巻いた一品。ほんのり甘くてしっかり酸っぱくて、へたれな心身をぴしーっと立たせてくれました。当たり前のことを当たり前のようにちゃんとやった…ただそれだけなのに、こんな美味しいものを7個入り2箱セットでいただくなんて!恐縮至極に存じます。でも、とにかく美味しい!ありがとうございました。

※「幸つつみ」は、さちつつみ、と読むそうです。ネーミングも素敵ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「入浴彼氏」

140622

中国語っぽいネーミングだなぁ…と思いつつも、この「彼氏」の種類に唖然。この写真にうつっている倍ぐらいの種類があり、ひと通り眺めてみた。あいにくこういうところに私の好みはいないのだけど、女子会の景品にはなるかなぁ、話のネタとして一つぐらい買ってみてもいいかなぁと思いながら。それにしても3袋入りで800円、ってなかなか心憎い価格付け(一般的な入浴剤だと1袋100円から300円ぐらい)。そんでもって、日々違う「彼氏」とお風呂に…うーん、女性陣の意見を聞いてみたいものです。

p.s. ちなみに、「入浴彼女」というのもあるにはあったけど、隅っこにちょろっと…こういうの、男性陣にはうけないってことかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パチパチッと

140621

種類や場所によって差はあるものの、紫陽花の季節もそろそろピークアウトでしょうか。梅雨はもしかしたらこれから本格化するのかも、と天気図を眺めながらぼんやり。昨日は、私の頭と体を結ぶケーブルがパチパチッといっちゃったようで、廃人のようになっておりました。同じパチパチッなら、小さな花の一つでも咲かせてからいっちゃえばいいのに…と内でぶつぶつ言いながら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無念だ…

140620

1406201
鯛料理の大皿が出てきたのはいいが、その鯛の表情が何とも切なくて胸がキュンとした。「無念だ…」そんな声が聞こえたような気がして。もちろんその身はしっかりいただきましたが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鱧!

140619

ここ東京ではあまり見かけることのない鱧。それが握り寿司になり梅肉をちょんと載せて目の前に出てきたものだから、ちょっとびっくり。夏ならではの、あっさりした食感が、これまたいい感じだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三色ど~ん♪

140618

どうにもうまく調子に乗れない。かといってじっくり構える時間もない。そんなときは思い切って…ちょっと贅沢に、海鮮三色丼をゲットして帰宅。サイズはスモールながら、とても美味しゅうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

揺らめいて

140617

日の入りはもう19時近く。ゆるりゆるりと日が落ちて行くのを、見ているだけで涙がほろり。心が揺れるってきっとステキなこと…そう自分に言い聞かせながら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そういえば、ライブハウス!

140616

1406161
今日は女優でもある松下萌子さんのライブに四谷のGrottoへ。文字通り洞穴のようなライブハウス…そういえば、昔はよくライブハウスに通っていたなぁ。時間があると、原宿や四谷、新宿、渋谷、恵比寿、高田馬場とか…ハコの大小もさまざま、今はもうないところも…ああ、急になつかしくなってしまった。今から思えば、あの頃はいろんなバンドやユニットをむさぼるように見聞きし、これは!というものを追いかけたり接点を見出しながら、自分のやりたい音楽を探していたのかもしれない。
音楽(音を楽しむ)、音学(音を学ぶ)、音が苦(音が苦しい)…これらの”おんがく”を行き来しながら、私自身も新しいステージへ一歩ずつ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

それは天使の降臨か

140615

昨夕の夕焼け空は、キレイというべきかブキミというべきか、悩ましかった。たとえば千切れ雲のこれを、天使とみるか、悪魔とみるか、それぐらい心の持ち方で変わるのだ。個人的には、ちょっといたずらのすぎる天使、ぐらいであってほしいなぁと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

怪しい二人

140614

先日来停泊している二人連れ。とっても怪しく見えるのは、色のせい?形のせい?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

じわりじわりと退く雲

140613

長くて重い梅雨…それもあまりに続きすぎると心身が滅入ってくる。でも、たとえひとときでも、雲が退き、空が抜けてくると、どこかしらほっとした気分になる。夜には十四の月もピカーッと光り、逆に怪しげにさえ思えてくる。せっかく低気圧が行ったにもかかわらず頭痛がひどくなると、こりゃなんじゃい?ってことになるが、それは太陽嵐(フレア)が説明してくれたよう。さてさて迎えた13日の金曜日。大事なきことを願うばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出版記念ネットワーキングパーティ at The Canteen(The SOHO 1F)

140612

1406121
1406122
お台場The SOHOの1FにあるThe Canteen。今夜はここで、東京ソーシャルシフトの会で大変お世話になっている高橋克己さんの出版記念ネットワーキングパーティに参加させていただいた。インプレスさんから5冊も出版されているテクニカルライターの高橋慈子さんとの共著、ということで、お二人それぞれのプチセミナー付きで、とってもハートフルなひとときを過ごさせていただいた。著書は、『スマホ+PCで極める!Gmail&カレンダー』。カラフルで見ているだけでも楽しくなる親しみやすい仕上がりで、実用性も高そう。お二人のサイン入りで1冊いただいてきちゃいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぐ~るぐる

140611

いつまでたっても同じところをぐ~るぐる。よほどそこが好きなのか、外に飛び出す力が足らないのか、今日もまたまたぐ~るぐる。通勤経路にあるこの模様を見るたびに、そんなことを思うこのごろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

薬膳火鍋とふかひれ翡翠麺

140610

1406101
2日間食べ物の話が続いてしまいましたが、この薬膳火鍋、具もたくさんいただいたものの、このスープが美味しくて、なんどもなんどもおかわり。月曜からどっと疲れているおじさま方とともに…少しは元気になれたかなぁ。〆のふかひれ翡翠麺も少しぜいたくな感じで美味しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

定番だけどこれが美味しい!スーラータンメン、小籠包、そして…

140609

1406091
 
1406092
確かにチェーン店ではあるけれど、これらは本当に美味しい。今日のスーラータンメンは細麺で。この酸っぱ辛いのが効く。溢れだすスープとお肉の詰まった小籠包もGood!そして、〆は毎日手作りという自慢の杏仁豆腐でびしっと決まり。さあ仕事するぞー!という日曜深夜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「根津で打ち合わせ」

140608

「根津で打ち合わせ」というと、「イキな飲み会だね!」とか、「え?そんな打ち合わせスペースあったっけ?」と言われたり。そう、私も根津と言えば根津神社のつつじまつりぐらいでしか訪れたことがなかった。でも、先週来2回ほどここHOTEL GRAPHYのカフェで打ち合わせやイベントをさせていただき、今後も足しげく通うことになりそうな予感が。この写真は、先週木曜日、「東京ソーシャルシフトの会」の運営企画チーム打ち合わせメンバー集合写真。ご飯を食べたりビールを飲みながら、自由な発想で中身の濃い会議ができたように思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

車窓より

140607

土砂降りの中、電車がちゃんと動いていることが救いだった。車窓から外を眺めても、走っているときは何が何やらよくわからない。こんな風景を見るのも久しぶりだ。雨の季節ですね、本当に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャズの演奏

140606

ジャズっていいなぁと思い始めたのはいつだっただろう。譜面どおりのカッチリした音楽に対し、その場の雰囲気や他の演奏者との兼ね合いで、いかようにでも演奏が変わる。ゆるやかな決まりの中でのびのびとした印象。それが、ある時から、面白い、心地よいと思うようになったのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

それってちょっと怖くないですかぁ?

140605

でっかいクマさん店頭で…ジャンケンしましょ?いやいや、一緒に写真を撮りましょ!という企画だそうな。波の大人よりも上背があってがっしりしてて。遠目に見てもかなり怖い感じ。子供はちょっと無理っぽい。となると、近寄るのは、こういうのを面白いと思う大人、つまりこのクマさんは大人仕様なんでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

君がヒーロー(ヒロイン)になるとき

140604

14060541
紫陽花が一気に色づき始めた。そう、君が主役になる季節の到来。空が真っ青のときよりも、どんより曇っていたり雨のほうが君にはお似合いだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

落日

140603

1406031
夏至までもう少し。まだまだ燃え足りないお日さまが、名残惜しそうに輝きながら、ずるずると引きずりおろされて行く。あたりに余韻をたくさん残しながら、ゆるゆると夜へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「頬と左手~それでも僕らは生きてゆく~」公開イベント

140602_2

1406021_2
 
1406022_2
6月1日は国際子どもの日。この日にちなんで、短編アニメ映画「頬と左手~それでも僕らは生きてゆく~」が公開されました。

場所は根津に昨年オープンしたHOTEL GRAPHY。ソーシャルなレジデンス&ホテルだのカフェ。屋上からはばっちりスカイツリーが見え、上野の森もすぐそばだ。カフェは1Fロビー横。食事も一杯飲むものOK、天気が良ければテラス席で風に吹かれながら、というお客様も。

さて、この映画は、福島出身の若手映像作家ニシザカライトさんが、福島で子供支援の活動をするメンバとともに立ち上げたプロジェクトの第一歩。福島の今を伝え、世界中の人々に自分事化してもらうことを目的として、制作された8分間のアニメーション映画。ほんわかした絵に凝縮された思いに胸がぎゅぎゅっとつかまれて、自然と涙があふれてきました。イベントの様子はUstreamで中継、録画もあるので、よろしければそちらもご覧ください。なお、この後、無料配信も日本語と英語で始まる予定です。

※追伸:英語での無料配信がYouTubeで始まりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あのねのねの原田伸郎さんの個展

140601

1406011
1406012
大学の先輩でもあるあのねのねの原田伸郎さん。東京では初の個展ということで、ギャラリーではご本人ともお目にかかることができました。自由な発想で漢字をアレンジした墨絵ならぬ墨字の数々。ユーモアたっぷりの表現力に思わず見入ること多数。きけばもう10年ぐらいこういうのを描かれているそう。今回の個展は本日17時までとのことです。

写真1枚目:入口、同じく大学の先輩、笑福亭鶴瓶師匠の紫陽花とともに。
写真2枚目:「笑」に見える「大丈夫」。
写真3枚目:私と娘の一番のお気に入り、大きさも色も違う点が集まった「集」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »