« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

ただただ空を見つめながら

140831

1408311
こんなに雲の面白い一日はなかった。いや、実はこの夜も外に出てみればとても面白い雲を見ることができる。体調が今一つということで、悪化させてはならぬ、ここで引き返すぞ!と決めた土曜日。雨が上がり、雲の隙間から青空が漏れ出し、やがて雲が多いながらも明るい一日に。夜には幾分体調も持ち直し、分厚い小説を一冊読み切った。最初ぱらぱらとめくっただけでだいたい筋は見えてしまったのだけど、せっかくなので勉強がてらの読書。こんな日はきっとそうそうないだろうから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「大切なお知らせです」

140830_2

「大切なお知らせです」…大切とか重要とか、そんな風に強調するものほど、実はまったく重要でなかったり、迷惑なものであったり。いつの時代にも、騙す人と騙される人がいるわけですが、騙し方がますます巧妙になってきているように感じます。いったい何を信じればいいのか、困った世の中になりつつあります。

ちなみに、このDMは不動産関連の勧誘でした。もちろんノーサンキューです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あたたかいものを一杯

140829

  • 外は涼しいを通り越して寒い寒い…ということで、キムチ豆腐に卵載せ。しゃきっとしない身体だけど、これ一杯で復活するかもしれない。ありがたや!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

140828

大きな図体をくねらせながら、同じ水の中を行ったり来たり。外部の者によって物理的に移動させられない限り、その狭い世界の中で泳ぎ続けるしかない運命…キレイな鯉だなと思う反面、彼らにとっての世界って何だろう?幸せって何だろう?と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

重い頭

140827

重くなった頭を何とか支えるべく、体や首根っこを棒にしばりつけられたひまわりの花。とても痛々しい感じがするものの、このままずてっと地面に転がるよりは、良い種を残すためにもこの状態を保った方がいい、という判断なのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

140826

1408261
 
1408262
音楽関係者が一堂に会した白金台の夜。プロデューサー、作曲家、編曲家、歌手、ミキサー、作詞家がずらりと揃ったのは今回が初めて。割烹こばやしで、ひとつひとつ丁寧に作られたお料理と厳選されたお酒をいただく。さすがにこのメンバのテンションは高く、そのまま新宿の二次会へ。熱い熱い夜はきっとまだまだ続いていることだろう…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歌謡JazzからアニメJazzまで…堤智恵子ライブat草加シュガーヒル

140825

1408251
 
1408252
古くからのファンならよく知っているのだけれど、堤智恵子さんは演奏はもとより作曲、編曲の力がすごいと思っている。Jazzのスタンダードは当然のようにこなし、ラテンやボサノバ、サンバなど幅広いレパートリーを持つ一方で、多くの素敵なオリジナル曲がある。加えて、昭和の歌謡曲をうまくアレンジ、加えて、アニメ曲もこれは!というものを次々に面白くアレンジしている。
今日はドラムにジーン重村さん、ピアノに佐久間優子さんという超強力なメンバでのライブ。ベースレスながら、足腰のしっかりした楽しい曲の数々を演奏してくださいました。

■1st stage
恋に落ちて
ルパン三世
あの日に帰りたい
Honesty
魅せられて
トリステーザ

■2nd stage
魔法使いサリーのテーマ
チコチコ
Beautiful Name
All the Things You Are
Through the Summer Glass
マシュケナダ

■アンコール
Caribbean Evening Wind

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちっちゃな花火大会

140824

1408241
 
1408242
毎年夏の終わりには必ずマンションの花火大会がある。前の公園に集まって手持ちでしゅるしゅるやりながら、ときどき2mほど上がるものに火をつけて愛でたり、最後にはミニミニナイヤガラをやってみたり。もう古いマンションなので、子供の数もめっきり減って、この行事も見直そうかと思っているところだけど、子供たちに代わって孫たちがこの日を楽しみにじいじいばあばあのおうちにやってくる、ということもあり、かき氷などしながら今年も開催。終わってみればあっという間の出来事だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の終わりはぎっしりと

140823

夏を象徴する花、ひまわり。これだけ揃っていると見る側としては感激ものだけど、当のひまわりにとってはたまったものではないだろう。ぎっしりすし詰めにされて息も絶え絶えに…まるで通勤電車のようでもあり、じっと見ていると可哀そうな気がしてきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんな留守番電話がほしかった!

140822

1408221
 
1408222
お台場のtheSOHO 1F Canteenにて、いつも東京ソーシャルシフトの会でお世話になっているアニキこと高橋克己さんの会社で開発・リリースされた「TRANSREC」リリース記念パーティにおじゃましてきました。

もともと電話、特に着信が嫌いだった!というアニキが、携帯電話にあってほしい理想の機能から追求して作ったこのサービス。ひと言でいえば、留守電メッセージが文字+音声データでメールに届く、国内初の留守番電話サービス!これが月300円で使えるとは画期的。まさに、こんなのあったらいいな♪を形にしたものと言えます。個人利用はもちろんのこと、ビジネスシーンでもうまく使えそう、ということで大注目。まずは自分で使ってみようと思います。

また、開発にあたっては、世の中にあるいいサービス、モジュールとうまく連携して機能させるエコシステムを採用。今後のサービス開発はかくあるべき!というのを教えていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆらりゆらめいて…

140821

1408211
真昼間に見ちゃいけないと思いつつ見てしまうのが温度計。ここ神保町交差点では36.1度の表示。あたりもかなりゆらゆらしていました。こうなると、自然のみならず、人も簡単にくるってしまうもの。足取りの危険な方を多く見かけ、ぶつからないよう気をつけて歩かなければ…夏、もう少しあるのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

滝づくし

140820

1408201
 
 
1408202
圧巻は何と言っても大滝(おおだる)。その水量といい、大きさといい、そばで露天の湯に浸かりマイナスイオンを存分に浴びながらじっくり滝見できるのはやはり嬉しい。せっかく河津七滝のところまできたので、そこも散策。これでやめようかと思ったけれど、せっかく天城に来ているのだし、と、バスに乗って、浄蓮の滝へ。階段を下ればひんやりぞくぞくする感覚が押し寄せる。湯ざんまいと滝づくし。ありがたい二日間だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湯ざんまい








絶えることのない水量豊かな滝を見ながら、はたまた、鳥や蝉たちの声を存分に浴びながら。温泉に行きたい願望をどのように満たすか、あれこれ悩んだ挙句の選択は、多分間違いなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

枯葉のマリオネット

140818

風に吹かれてくるくると踊りだす枯葉のマリオネット。いつ千切れて飛んで行ってしまうかもわからないけど、とにかく今はくるくると。何だかせつないね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャンパス巡り

140817

1408171
 
1408172
キャンパス巡りをしていると、ふと自分もそこの一員になった気分になる。勝手になじんでしまうのだろうか。はるか時を越えてあの20歳前の時代に舞い戻る感覚。たとえそこが初めて足を踏み入れるキャンパスだったとしても、そこがホームグラウンドに思えてしまうのだ。

土曜日の午後は南大沢の、アウトレットモールの先にあるキャンパスへ足を延ばしてみた。先にうろうろしていた娘と合流し、ちょっと甘いものに手を出し、雨に追いかけられるようにして帰宅した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャカジャーン♪

140816

光りかがやくイカリのオブジェ…のはずが、ジャカジャーン♪とエレキギターに見えてしまった、風の強い昼の新オフィス街@豊洲。あっ、そうか、ハードロックカフェのあれに見えたわけですな(笑)夜はもっとキラキラだといいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エビスと日本酒と炉端焼き

140815

1408151
 
1408152
お盆だし、都心の居酒屋はガラ空きかと思いきや、開いている店が少ないせいか、それともこんなときだからのんびり夜を楽しむ人が多いのか、どこも結構にぎわっていた。そんな中、久しぶりのお店に立ち寄る。小瓶のエビスやおすすめの日本酒、それに炉端焼きの野菜などをつまみつつ、ほっこり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

同じ花の中で

140814

次から次へと花の間を飛び回るのかと思いきや、同じ花の中でもぞもぞ、ちょっと身体を浮かしては、また、同じ花の中でもぞもぞ。よほどその花が気に入ったのか、他に行くのが面倒なのか、おかげでちゃんと写真を撮らせてくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゾウの王様

140813

ぱぉ~ん。何だか思いっきり吠えたい気分。世の中決してうまくいかないことばかりじゃない。うまくいくこともちらほらあるのだから、決して嘆くことではない。けれど、どうにもすっきりいかないことばかり。やっぱりどこかで吠えたくなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

情熱が少し足りない

140812

1408121
西の空が何度も何度も光り輝く。このまだらな赤さ、情熱が少し足らない。いい線まで行ってるのになぁ…と、ヒトリゴト。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

育った場所で

140811_2

1408111_2
子供のころに比べれば、田畑はすっかりなくなり住宅ばかりになってしまったけれど、それでも端々には稲がすくすくと育ち、夏野菜が実る場所がある。京都の実家に先週の木曜から4日間滞在。あちこちうろうろするはずが、台風のせいもあり、ほとんど家の中で過ごすことに。まだまだ元気な両親ではあるけれど、ガクッときたら早いだろうということをひしと感じるこの頃。幸い今すぐどうこうということはないけれど、種々覚悟だけはしておいた方がよさそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

壊れてなかったラジカセ




実家の自室をゴソゴソしてたら、その昔使っていた、いや、使い倒していたラジカセを発見。おそるおそるスイッチを入れてみたら、ちゃんとラジオが鳴る。カセットテープが入ったままだったので、こちらもボタンをギュッと押してみると…いい音出る出る、これはびっくり。しばらくかけてましたが、問題なさそう。東京に連れて帰りたくなったけど、カセットテープはみんな処分したのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

分かりにくいことをいかに分かりやすく伝えるか?










京都工芸繊維大学のオープンキャンパス。高校二年の娘の同伴で、松ヶ崎のキャンパスをまる一日うろうろ。芸術からバリバリの理系ものまで、とてもユニークな領域をカバーする大学の教員も学生も、みんな個性的でおしゃべりが上手。分かりにくいことをいかに分かりやすく伝えるか…そんなヒントをもらえた楽しい時間だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

流しそうめん








実家の風物詩、流しそうめん。毎年父が切り出した竹でささっと作る。今年も母の書道教室に通う子供たちに振る舞うことに。いつもは食の細い子たちもお腹いっぱいで満足の様子。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あっついねぇ…これ禁句(笑)

140807

「あっついねぇ」「そんなもん言わんでもわかっとるわい」…ついつっかかりたくなるような暑さが続いている。こうなると、「生きてるだけでもうけもん!」という言葉も真実味を増してくる。そんな中、たとえばこのトウモロコシなどはすくすくと育っているわけで、ポキッと折ってずるずるっとめくってムシャッといけばそんな元気ももらえそう…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビーフシチュー

140806

力を入れるべきところ、抜くべきところ、集中させるべきところ、発散させるべきところ…そんなことを頭の中でぐるぐるぐるぐる。自然体でやっていければそれに越したことはないのかもしれない。けれど、やりたいことがてんこ盛りのときはやっぱりダメだ。そんなことを考えながら、隣にはビーフシチュー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

砂浜バー

140805

1408051
 
1408052
海行きたーい。なのになかなか行けなくて…というわけではないが、都会の真ん中に砂浜バーがあると聞き、早速足を運んでみた。なるほど、足元はずぶずぶっと入る感じの白砂。お店の雰囲気はハワイアン。トロピカルカクテルなどいただきながら、楽しいひと時を過ごすことができた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この眩しさゆえ、この暑さゆえ…

140804

さすがの夏の花たちも、このところの暑さにどれもこれもぐったり。そんな中、ひとり元気に咲いているオレンジの花。眩しい光を味方につけて「私は元気です!」と。そんな元気を分けてもらえたら、今週もがんばれるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お台場で会議、BBQ、そして、温泉

140803

1408031
 
1408032
土曜の朝。いつもの出勤ルートをちょっと延長して、お台場へ。TheSOHOにて東京ソーシャルシフトの会企画・運営チームの会議。メンバそれぞれの会に対する思いがだいぶクリアになり、今後の活動を考える上でとても重要なポイントとなった。その後はThe SOHOの中にあるtheCanteenのテラスでお昼のBBQ。強い日差しと時折吹く海風を受けながら、焼く人、食べる人、飲む人、語る人、突っ込む人がわいのわいのの大騒ぎ。その後、一応解散となったものの、10名ほどの団体で歩いてすぐそこの大江戸温泉物語へ。お風呂では男女それぞれ、湯上り場ではまた合流して、語る、語る、語る…それぞれのことを知り、理解し、信頼を醸成するのにとてもステキな時間となった。帰りは板橋・戸田の花火に向かう人に紛れて帰宅。現地で花火を見るというメンバも居る中、私自身はうちのマンションから上半分ぐらいは見えるので、のんびり廊下でカメラなど抱えながら観賞。有意義で盛りだくさんな一日があっという間に終わった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冷たいのをつるつるっと

140802

凝った料理を一品一品いただくものの、つい食欲がなくなるあっつい季節、〆に冷たいそうめんは格別の美味しさ。温泉卵をくちゅくちゅっとしながら冷たいそうめんと絡めてつるつるっ。今夜も美味しゅうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新たな出発を祝して

140801

1408011
 
1408012
少し贅沢に乾杯!…これまでの労をねぎらい、ここからの新体制による門出を祝って、キレイな色のシャンパンで乾杯させていただいた。ああ、女子の集いだなぁと思えるのは、メニュー選びや別腹のデザート。今夜も美味しくいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »