« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

なつかしい空間、知らない世界

141130

1411301
そういえば久しぶりだったなぁ。
昨日は、2周年を迎えた「東京ソーシャルシフトの会」イベントでお台場へ。本会、懇親会を何とか無事終えて、お台場をふらり。事あるごとにここには来ているはずなのに、なぜかなつかしいにおいがして、鼻のおもむくままにあたりを歩いた。ひと昔前のように、やたら人がいるという感じではなく、どことなくゆったりとした庶民的な雰囲気。異国の言葉を多く耳にしながら、それでも変わらぬ風景に、ホッとしたり切なくなったり。
また、水槽に閉じ込められた魚たちを見ていると、キレイという以前にぎゅっと胸が詰まったり。
電車に乗って帰路につけば、これがまた、やけに遠く長く感じたり、その一方でふっと乗り過ごしそうになったり。
そんなこんなで今年も終わっていくのですね…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麻辣刀削麺

141129

ときどき食べたくなる麻辣刀削麺。しびれる辛さ…とはいうものの、辛い以前に美味しいのだ。削られたお餅のような刀削麺に、ほどよく絡みつくスープ。一人でも美味しいけれど、美味しいといってくれる人と一緒に食べればより美味しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青空と銀杏と

141128

1411281
もうあの雨風ですっかり散ってしまったかと思ったけれど、今日の街中の銀杏はまだまだ元気に黄色い葉をはやしていて、まだまだ元気そうだった。これからは周期的に天気が変わり、晴天もそう長くは続かないだろうけど、だからこその貴重な一日。昼間に外を歩く時間があったのはきっと幸せなことなのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

後藤ナオキさん2ndシングル「JILI・JILI」発売…詞を提供させていただきました

141127

1411271
 
1411272
昨日は、後藤ナオキさんの2ndシングル「JILI・JILI」発売日。そのタイトル曲「JILI・JILI」(ジリ・ジリと読みます)の詞を提供させていただきました。よろしければ、現在はCDのみですが販売されていますので、店舗やネット等でお取り寄せ、お買い求めいただければ幸いです。

今回は、「あなた」の小坂明子さん率いる「のんのんじゃんるプロジェクト」に作詞家として参加させていただき、ご依頼に基づきそこの作詞家全員が詞先で応募。その中で、先方に私のを選んでいただき、小坂さんに曲をつけていただいてご提供した、という運び。途中まあいろいろなことがありましたが、これも私にとっては貴重な経験の一つとなりました。

今後も、詞先、曲先、およびその内容を問わず、色々な制作をさせていただければと思っております。また、こちらからも機会を見つけてアプローチしていきます。どうかお気軽にご連絡ください。今後ともよろしくお願い致します。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

知らない街の路地行けば…

141126

1411261
 
1411262
雨の夜、知らない街の路地をこちょこちょっと歩いてみる。誘いの声があるわけでもないのに、どこかしら魅惑的で、ふらりふらりと歩いては、気になった店をちょこっとのぞいてみたり。こんなことができるのも大人になった証拠かと思いつつ、最終的には近所の行きつけにおさまる。「やまいだれ」と名付けられたカクテルをくぅーっと一杯。この、草というか虫というか、どことなく田舎くさい懐かしい香りと味。面白い夜を経験させていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猫がいたり鼠がいたり…レコーディングを終えて

141125

1411251
 
1411252
3曲のレコーディングをどうやら無事終えて、今後のことを少し打ち合わせののち街に出てみれば、そこここに、ネコがいたり、ネズミがいたり。よくよく考えれば、スタジオにこもっていたのもネコやネズミだったかも…と思いながら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ご近所さん

141124

1411241
半径10分以内…何年振りかで歩く道には、見覚えのあるものも確かにあるが、新たな発見がたくさんあって、なかなか歩が進まない。いつもそこそこたくさん歩いているつもり。でも、それがいかに偏った道ばかりだったかを思い知らされる。もっと歩こう、キョロキョロしよう、不審者と思われない程度に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

落ち葉一枚一枚に…

141123

落葉樹はそろそろ最終コーナーだ。最後まで枝にしがみついていたものもあるタイミングで地に落ちてくる。その葉っぱ一枚一枚には、短いながらも歴史があり、その軌跡が刻まれている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

141122

1411221
水槽の中を行ったり来たり。水草をかきわけて、水草と戯れながら。時に群れて、時に離れて。キラキラ光るその身体は、いったい誰を引き寄せているのか、いったい誰を遠ざけているのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分の役割

141121

オフィスでの昼休み。盲導犬のPRでやって来た3歳の雄犬。その素のままの愛らしい目とハーネスを付けられた時のキリッとした目…自分の役割をしっかり身につけている姿に、ふと自分を映してみる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋から冬へ・・・さて、これは何でしょう?

141120

外はすっかり冬の様相を呈しています。街はクリスマス飾りも充実の一途。灯りに赤いのや黄色いのがあるのがせめてもの救いです。さて、この写真に映っているものは何でしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もふもふ

141119

いいな、いいな、あったかそう・・・もふもふとした部屋着、もしくは、パジャマ。みんなぴったり寄り添って、腕なんかまわしちゃって、あったかそう。冬場はやっぱりもふもふだなぁ、なんて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レコーディングPartIIはロック調でピシッと

141118

1411181
 
1411182
先週に引き続き、めいめいのスケジュールの合間を縫って、レコーディングPartIIを実施。今回は昭和歌謡…のはずが、いつしかバリバリのロック調になっていた、とても面白い一曲。歌手・岸本久美子の本領はここで発揮か?!私も残り時間で少しレコーディングもどきを体験。ひょっとしたらコーラスでうっすら使われるかもしれない、そんなテイクを重ねて本日分終了。PartIIIは次週のお楽しみ、ということで、年末目標にて(年始にずれ込む可能性あり)配信およびCD化してリリースの運びとなりました。その際にはみなさま何卒よろしくお願い致しますm(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

葉っぱのカウントダウン

141117

世の中では、紅葉や銀杏が見頃とのことですが、残念ながらそういうこととはおよそ無縁のまま冬を迎えようとしております。それでも、近所を歩けば色づいた葉や落ちた葉を多く見かけます。最後の最後まで枝にしがみついているのは、あいつでしょうか、こいつでしょうか…いずれにせよ、そろそろカウントダウン、という木々も目立ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カップ麺の自販機

141116

ああ、なつかしい。1個250円か・・・まずまずだなぁ。そういえばあの頃はいくらだったかなぁ。お金を入れ、ボタンを押し、セロハンをめくり、フタをぺろっとめくって、お湯を注いで待つこと3分。もちろん家でお湯を沸かして作ることはあるけれど、こうやって外で作っていただくのは何十年ぶりだろう。ああ、美味しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

光の階段のぼる

141115

11月になると、あちこちの電飾が光り輝く。本音を言えば、クリスマスにはまだ来てほしくないのだけど、その日に向けて盛り上げていくムードは好きだ。イルミネーションに誘われて足を向ければ、そこには光の階段が。ととととのぼっていく女性の姿もちらり。あの階段をのぼると、あっというしかけがあるといいなぁと思いながら、でも、そこに至るプロセスもいいなぁと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あちらの世界

141114

花をずぅっと眺めていたら、すぅっとあちらの世界にひきこまれてしまい、なかなかこちらに戻ってこれない。あちらの世界ってこんなに魅力的なんだなぁと思いつつ、でも、この場合の”あちらの世界”というのは、しょせん自分の頭の中で描く以上のものでもないんだなぁとも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

艶やかに

141113

赤く、黄色くなった葉っぱ。やがて枯れ葉となって落ちる、その直前の姿は、とても鮮やかな色を放っている。これにライトを当てれば、さらにその色は艶やかになり、こちらの心をぐぐっと掴む。あこがれ?…もしかしたらそうかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月11日の足跡

141112

さまざまな記念日となっている11月11日。果たして私は何をし、何を得て、何を足跡として残したのだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年末リリースに向けたレコーディング開始

141111

1411111
 
1411112
めいめいのスケジュールの合間を縫って、年内リリースに向けたレコーディング。既存曲1曲に今回このために制作中の2曲、併せて3曲の歌録りを開始した。こういうスタジオはかれこれ20数年ぶりという今回の歌い手、岸本久美子。歌いながら徐々に勘を取り戻し、身体が温まるとともにいい感じで声が出てきた。かなりタイトかつ手作り感満載の企画だけど、配信のみならずCD化に向けていいものを仕上げたいと、制作陣もヒートアップ中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みんなでChoo Choo TRAIN(中西圭三さんと)

141110

1411101
年この秋の季節、恒例となったファーマーズ&キッズフェスタ。お天気がとっても心配だったけど、この土日、どうにかもったのは奇跡かもしれない。小さいお子さんたちがいっぱいのこのイベント、展示も体験コーナーも、そして、もちろんステージも、とっても面白い。今回の圭三さんはまたひと味違ったオーラをもって、代表曲「Choo Choo TRAIN」では客席に降りてきてみんなの輪の中で歌い、踊る。客席の間を走り回るのは見たことがあったけど、この渦の真ん中に立って盛り上げる姿は初めてだ。もちろん、多くの人が立ち上がり、踊り、楽しんでいたことは言うまでもない。そして私も…良い時間を過ごさせていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これは乗りたいと思った>ATV

141108_2

1411081
 
1411082
ホンダの二輪センターでイベントがあるというので、朝も早く~ひょこっと朝霞台まで。普段それほどあまりクルマやバイクには興味がない私だけれど、実用性はともかく、このワイルドなバギーにはぐっと胸を掴まれた。思わず乗って写真でも…と思ったけれど、乗ってみたい子供たちが列を作っていたので断念。心は子供たちと同レベルということなのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これは何でしょう?(食べ物)

141108

久しぶりに…おぉ!これは!と思ったので、クイズです。これは何でしょう?

昨夜美味しくいただきました。見た目はXXのから揚げですが?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

絡める手と手

141107

地に落ちたもみじが、あちらこちらで絡まり合っている。そのカタチの都合もあるのだろう、おひとりさまもたくさんいるけれど、中にはうまく手と手を絡ませて、風に吹かれりゃ軽くダンスなどしつつ、最後のひとときを楽しむカップルも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これはかわいい!>海上自衛隊のキューピーさん

141106

「まあかわいい!」第一声がこれ。本日のいただきもの、海上自衛隊のキューピーさん。「こんなにかわいいもの、本当にいただいちゃっていいんですか?」と言いつつ、しっかりてのひらで握りしめていた。「そんなにかわいくて、日本の海が守れますか?」なんていうツッコミはこの際ちょっとご遠慮いただくとして、目の中に入れてもかわいいというのはこういうのを言うんだなぁ、きっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白い花

141105

道端にそそと咲く白い花。赤や黄色の葉っぱが光り輝く季節にはちょっと地味な存在だけど、少し青味がかったその姿に、思わずはっとさせられる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あっちかな?こっちかな?

141104

おめめが大きいのに、きょろきょろしていると、どうしても目立ってしまうもの。「あっちの水は甘いかな?こっちの水は辛いかな?」「そんなの行ってみないとわかんないよぉ」「そうだね、じゃ、みんな、好きな方へLet's Go!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

熱く熱く…朝霞台の夜(堤智恵子Saxライブ)

141103

1411031
ミュージシャンの休憩場所がとれないほど超満員の朝霞台・停車場ライブ。あのTOKUが巣立った老舗のライブハウスには幅広い年代、そして地元はもとより泊りがけで遠くからお越しになるお客様も。
堤智恵子ライブはメンバも豪華で、それぞれが素晴らしいパフォーマンスを発揮するだけに、熱はぐんぐんうなぎのぼり。オリジナル曲はもとより、歌謡曲やアニメソング、ポップスなどの智恵子アレンジも秀逸で、今回もステキな一夜を満喫!

堤智恵子(as)
二村希一(p)
箭島裕治(b)
平川象士(ds)

<1st stage>
奥さまは魔女
My Blue Heaven
Soaring Feather
Crystal Mermaid
恋に落ちて
ダイヤモンド (…プリプリの)

<2nd stage>
彼女とTIP ON DUO
悲しき天使
もう恋なんてしない(…マッキーの)
すずかけの道
Madrugada
Caribbean Evening Wind

<アンコール>
第九

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第2回モンマスティーライブat北参道ストロボカフェ

141102

1411021
 
1411022
第2回モンマスティーライブat北参道ストロボカフェ、盛況のうちに終了。

第1回から連続出場の「じぱんぐ」の日本を感じさせるバンドは特にボーカルの今中健介さんの声が魅力的。
おなじく連続出場の「あかりぶれんど」はほのぼのファミリー系のわかりやすいメロディーで、鳴りもの入りの楽しいパフォーマンス。
今回初の「ジャムベリー」にはモンマスティーマスターの柏井慶一さん、村田優里ちゃんの歌声を交え、本格的なバンドサウンドを。

柏井慶一さんは、今回はボーカルに集中してのパフォーマンスにて、「千駄ヶ谷」「四万十川」を。しっかり魅了してくれました。アンコールはギター片手にエンターテイメント満載で。
(「千駄ヶ谷」は作詞のお手伝いをさせていただきました)

フィナーレは全員で華やかに「セロリ」と「全力少年」を演奏&合唱。

今回も盛りだくさんで楽しい一夜でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月になりました

1411011

141101
まだ2カ月あると思うか、もう2カ月しかないと思うか。10月の最終日はハロウィンということで、あちこち盛り上がる中、私もそのおこぼれをいただくべく、コンビニで買ったカボチャケーキをいただくことに。いよいよ色の無い季節へと突き進んでいく…その前に見せる赤や黄の葉っぱをしっかり愛でながら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »