« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

寒い夜だから…

160131

身体をあたためるものが欲しくなります。

たとえばくず湯。

このとろみがたまりません。

でも、それだけじゃなく、、

とろみの中に留まるあられが

いい風情を出してくれています。

季節限定で欲しくなるものの一つです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪の降りそうな夜のふぐ

160130

1601301
 
1601302
実は、50年余り生きてきて、
外でちゃんとふぐをいただいたのはこの夜が初めて。


ふぐには、薄くてあまり味がない割には
お高いイメージしか持っていなかったのですが、


分厚くてぷりっぷりの身を鍋でいただいたり、
ひれ酒でぐいとやったり、

食べきれないほどふぐ尽くしのコースを
とてもリーズナブルなお値段でいただき、
心身ともに堪能いたしました。

一方で、、ぎょぎょーっ!という出会いもあり、
1月の終わりを
とてもあたたかい気分で締めくくることができたかなと。


ご一緒させていただいたみなさま、
場を仕切ってくださったIさん、

どうもありがとうございました。また半年後に是非。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「オレ、クラウドしか知らない!!」

160129

とある方のパーカーの背中に書いてあった言葉。

もう5年もしたら、

「オレ、クラウドしか知らない!!」

という世代がぐんと増えるんだろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハーフ&ハーフ?

160128

こういうのも、
 
ハーフ&ハーフ
 
って言うのかな?
 
…ともあれ、美味しゅうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空の勢い

160127

朝、
 
外は冷えに冷え、朝の青い空は澄み渡っていて、
 
これぞ冬の晴天だ!と思っていたら、
 
昼、
 
もくもくとした勢いのある雲のかたまりが、
 
形をダイナミックに変えながら空をうごめいている。
 
一気に季節が変わる予感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年に一度のコミュニティマネージャー感謝の日MeetUp

160126

1601261
 
1601262
地元や草の根のコミュニティから企業やワールドワイドなコミュニティまで、さまざまな場をリードしたり黒子になって支えたりするコミュニティマネージャーに「ありがとう」を言おう!そして、悩みや知恵を共有しよう!ということで、毎年第4月曜に、日本を起点としてぐるりと世界中で行われるイベントが「コミュニティマネージャー感謝の日MeetUp」。

今年はSmartNewsさんのステキな場所をお借りして、80名を超えるコミュニティマネージャーがぎゅぎゅっと集う一大イベントに。わずか2時間余りという短い時間ではありましたが、登壇者のエッセンスを濃縮したプレゼンやグループ交流など、とても有益な楽しいひとときとなりました。

一種同窓会のようでもあり、新鮮さもあり、また毎年参加していると、コミュニティの変遷が身をもって感じ取れる貴重な場でもあり…今回も実行委員の一人としてお手伝いさせていただけたことに感謝!遅くまでお付き合いくださったみなさま、本当にありがとうございました。

※この集合写真は、集合写真家として活躍されている武市真拓さんによるものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黄色いバラ

160125

昨夜いただいた一本の黄色いバラ。
 
私のメインカラーは深紅だけれど
 
たまには違う色もいいかなぁと。
 
そういえば、
 
黄色いバラの花言葉は「ジェラシー」。
 
ひと昔前までの私はジェラシーの塊だった。
 
でも、それが何一つ前向きなものを生まないと悟ったとき、
 
ジェラシーという名の気持ちをかなぐり捨てた。
 
そうしたら、生きるのがとても楽になった。
 
・・・そんなことを思い出させてくれた黄色いバラ。
 
ちなみに、今の私に似合う黄色いバラといえば、
 
あのバーボンかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小坂明子さん率いる「のんのんじゃんるプロジェクト」初めての新年会

160124

1601241
 
1601242
作り手も歌い手も、教える先生も、そして、それを支えるスタッフの方も…こうやって一堂に会したのは初めてとのこと。降雪の心配のあった土曜の夜でしたが、参加された方々の熱気で雪がしっぽを巻いて逃げていったのかもしれません(笑)
 
同世代はもちろんのこと、自分の娘よりも若い世代も。こんな場ならではののお話もたくさんあり、刺激もたんまり。次の企画もますます楽しみになってきました。
 
それぞれの音楽活動も様々あり、あちこちでコラボしてみよう!という話も盛り上がり、帰りにはやっぱり歌いたい!と有志でカラオケへ。
 
外はとっても寒いのに、心がぐっと温かくなる、そんな新年会。企画してくださった小坂さんはじめ、ご一緒してくださったみなさまに感謝♪
 
のんのんじゃんるプロジェクトとは、小坂明子さんのオーディションに合格した作詞家・作曲家と、歌いたい、CDを作りたいという人を結ぶかけはし。私もこちらで後藤ナオキさんの歌う「JILI・JILI(ジリジリ)」という曲の作詞をさせていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「愛」

160123

これも愛、あれも愛…。
 
すべては愛なんだ…。
 
カプチーノに描かれた
 
まあるいハートを見つめながら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きらめきながら…

160122

海のきらめきを眺めていると、
それがカタチのない宝石に見えてくる。
 
大小さまざまな石がそれぞれ好きなようにきらめいて、
こっちだよ~と手招きしている。
 
でも、
 
掴もうと近づけば消え、
太陽が隠れれば消える、
 
そんな運命だからこそ美しいのかもしれない。
 
そういえば、、、
 
私の昨年末にリリースさせていただいた歌手デビューアルバム
水面のきらめきを使ってもらった。
 
まだご覧になっていたい方はぜひチェックしてみてくださいね。
 
CD版(1枚1500円)も好評発売中です。
送付先をメッセージかメール(officekoba@nifty.com)でご連絡ください。
すぐにお送りします(お代は後払いでOKです)。
 
※リリース情報はこちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真っ逆さまに…

160121

せっかく早く咲いた梅も、
強風でかなり散ったなぁ…と思いながらふと見ると、
真っ逆さまに落ちてくる飛行機雲発見。

真っ逆さまに…

とくると、やはり、

…落ちてDesire♪

でしょうかね?

あの歌はスゴイです。

そんな風にピピッと連想される歌を、
作りたい。歌いたい。

そんな思いが一段と強くなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

太陽に向く花、雪に埋もれる花

160120

1601201
日なたはしっかり雪がとけ、そのあとかたもない。
 
一方、日蔭はしっかり雪が残っている。
 
同じ日でもその状況は全く違う。
 
普通に考えれば、
 
お日さまの方を向いて明るくほほ笑む花の境遇をうらやましく思い、
 
雪に埋もれて縮みあがっている花に同情心が募る。
 
けれど、
 
実は吹きっさらしの中、引きちぎられそうになっているのと、
 
雪の囲いにしっかり守られているのと、
 
…案外そちらが本当だったりするのだろう。、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪の記憶

160119

1601191
 
1601192
うちの方でざっと10センチ程度。
 
雨でぐじゅぐじゅになったとはいえ、
午前6時半だとまだまだ雪がたっぷり。
 
そんな記憶を写真にとどめておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これもお酒、あれもお酒

160118

1601181
お酒のたくさん置いてあるスーパーをうろうろ。
 
何だか見ているだけで酔っぱらったみたいで、
結果、一つも買わずに出てきてしまったのだ。
 
そんな中でも目についたのが、
ゲゲゲの鬼太郎とウルトラマン仕様のお酒(笑)。
 
そういえば、もうすぐ水木先生の法要が行われるようなので、
ゲゲゲの鬼太郎の方は送り酒にはちょうど良いのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一人すくっと立って咲く

160117

それはまるで灯台のようでもあり、
 
そのエリアの見張り番でもある。
 
まわりに仲間はいなくても、
 
寂しいなんて言ってられない。
 
一人すくっと立って咲く。
 
その潔さが胸を打つ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ステキなお花をいただきました(*^^*)

160116

歌手デビュー祝いということで、

またまたステキなお花をいただきました!

黒い箱に薔薇をアレンジしたプリザードフラワー♪

薔薇はまさに私のイメージカラー。

いやぁ、またまた、うるうるきちゃいました。

そばに置いて大切にします。

Tさん、ありがとうございます!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水耕栽培のチューリップ

160115

東急ハンズで見つけた一品。
 
WINTER TULIP
、文字通り冬に咲くチューリップらしく、
 
しかも水耕栽培でなかなかおしゃれなパッケージ入り。
 
これなら、ぐうたらな私でも育てられそう(水をやるだけだし)。
 
それなりに窓際などで光が当たれば、3~4週間で赤いのが咲くらしい。
 
ちょっとしたお土産にもいいかなと。
 
あっ、肝心のお値段を見るのを忘れた!
 
検索してみると…球根5個分で3千円程度か…まあまあかな?
 
真冬の赤いチューリップ。かなりそそられました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カレーでまったり

1601142

1601141
 
160114
このところ、家でも外でもカレーづいているのですが、

どれもそれぞれに好き!…ということで、

カワイイ妹分ののりちゃん(一緒に写真撮るの忘れたぁ)と、
 
スケジュールをやりくりしてデリーへ。
お店がすっかりきれいになっていてビックリだったけれど

お料理もお店の方も変わっていなくてホッ。

美味しくて楽しいひとときを過ごすことができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勝つ者がいれば…

160113

1601131
いよいよ受験シーズン。

この季節は、食べ物売り場も、

「受かる」ものや「勝つ」ものがずらりと並ぶようになって久しい。

そんな中でも目についたのがこれ。

思わず買ってしまいましたが、お味やいかに!?

いや、そういう問題ではない?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピアノを弾きながら歌うこと(1/9のライブより)

160112

1601121
1/9のライブでアンコールの1曲として
ピアノの弾き語りをさせていただいた。
 
選曲は中島みゆきさんの「糸」。
「時代」と並んで好きな歌。
 
ひとり遊びで弾き語ることはあっても、
人前でこうして歌うのは生まれて初めてのこと。
 
でも、その姿をいつからか夢見ていた自分がいる。
 
だから、今、ライブの記録映像をチェックしていて
とても不思議な気分になった。
 
コードは間違えてるし、声は伸びが足らないし、
もっともっと練習しなきゃ…というのは当然として、
正直、もっと歌いたい、もっと伝えたいと思った。
 
もしあなたが聞いて下さるなら。
もし受け止めて下さるのなら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蒸して、こねて、ついて…マンション管理組合の餅つき大会

160111

1601111
 
1601112
連休の中日は、住んでいるマンション管理組合主催の餅つき大会。
もうかれこれ30年余り続いているというこの行事。
 
過去には雪降る中、冷たい風の吹き荒れる中など、大変な日もあったが、今回は、真っ青な空、無風、という絶好のコンディション。
 
住人の高齢化が進む中、つき手、こね手を探すのにもひと一苦労。
今は役員ではないけれど、召集令状(笑)も来ていたので、ひとまず現場へ。
(私は、小さい頃、京都の実家の母屋で、年末に餅つきを朝から晩まで嫌というほど経験してきているので、一通りの手順は身体に染みついている…らしい)
 
明確に役割分担があるわけではなく、
集まった人間がそれぞれ必要とされるポジションにつき、
コアとなる人が来ている人をうまく巻き込んでいく。
慣れない人を励ましながら、おだてながら、危ないところは少し注意しながら…。
 
えぇーっ?!ということもいくつかあったけれど、
まずは事故もなく無事に20臼ぐらいつきあがり、
美味しいお餅を住人にふるまうことができたようだ。
 
この行事は、元々は小さい子たちに楽しんでもらうことを目的としていたけれど、
今は、すっかりコミュニティ活動の一環に。
あの人は元気?無事でよかった!こんな人も住んでいたんだ!
という場になっている。
もちろん、お孫さんがこれを楽しみに帰ってくるきっかけにもなっているようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歌手デビュー初ライブ

160110

1601101
 
1601102
おかげさまで、多くの方々に支えられ、
歌手デビュー後初めてのライブを行うことができました。
 
最初は、今回のデビューアルバム
「春夏秋冬~愛する人へ~」に収録している3曲
 
1.一夜に咲く千の花
2.あなたと歩いたまぶしい季節
3.ア・イ・ノ・キ・セ・キ
 
を、カラオケで歌うのみ、と思っていたのですが、
 
せっかくグランドピアノがあるのだし、
それ用のマイクスタンドまで用意していただいたので、
人前でピアノを弾くのは高校の合唱コンクール以来
だったのですが、調子に乗ってつい…。
 
オープニング代わりに、
 
0.千と千尋の神隠しより「あの日の川」…ピアノのみ
 
そして、花束をいただいて感極まる中で、
 
4.中島みゆきさんの「糸」…弾き語り
 
途中、
私の「生誕50周年歌手デビュープロジェクト」を
やるに至った経緯や、
リリースまでの道のりをお話ししながらの30分。
 
10周年を迎えるキャリア研究会の新年会で、
ここ数年は司会進行役を仰せつかっておりましたが、
今回はこれに加え、まさにマイクハナサーズ状態の
ドタバタ劇でした。
 
そんな姿をあたたかく見守ってくださった
60名を超えるご参加いただいたみなさまに、
心より感謝申し上げます。
 
また、歌にピアノに、やってもいいよ、という場がございましたら、
ぜひお声かけください。可能な限り飛んでまいります。
作詞やトークのご用命もお待ちしております。
 
♪もう少し強く生きていくから
もう少しだけ見守って
支えてくれてありがとう♪
 
  「あなたと歩いたまぶしい季節」より
 
※写真は、みなさまに撮っていただいたものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岡山のAVANTYと銀座のAVANTI

160109

1601091
岡山のAVANTYオーナーバーテンダーの後藤勉さんが東京にやってくる!
 
…ということで、銀座のAVANTIで、グラスを傾けながら、
私の歌手デビューCDを交えて、
楽しいひとときを過ごさせていただきました。
 
思えば、後藤勉さんの歌う<a HREF="https://itunes.apple.com/jp/album/jian-shouru-ai-single/id941697542" target="_blank">「見守る愛」</a>の
作詞のお手伝いをさせていただいて以来のお付き合い。
かれこれ1年半ぐらいかな。
 
こちらのBARは初めてだったけれど、
とってもハンサムな女性のバーテンダーさんが
ぴしっと仕切っている落ち着いたお店。
 
またきっとここに来ることになるだろうなぁ。
 
そして、機会があれば、岡山のAVANTYもおたずねしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あれぇ?どうかしましたかぁ?

160108_2

この首をかしげたフクロウを見るたびに、
 
「あれぇ?どうかしましたかぁ?」
 
と、問われている気がする。
 
そして、
 
「大丈夫、何でもないよ」
 
と、いつものように無言で返答する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世の中はまだまだお正月らしい…

160107

1601071
休み明け早々、どわーっと仕事をしていると、
正月気分などどこへやら状態に。

でも、ふと松飾りやらお正月の花を目にしたり、
初詣でゆったりと歩いてらっしゃる方々を見ると、
ああ、まだ世の中はまだまだお正月なんだと…。

なかなかゆったりした気分にはなれないなぁと思いつつ、
ありがたく夜の宴へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いただきものの、おっきなおみかん!

160106

1601061
愛媛というとやはりおみかんだそうで、
 
片手にずっしりくる大きなのが10個もいただきました。
 
「紅まどんな」というお名前もステキなら、
お味も甘くてとっても美味しい。
 
まだ1個しか食べていませんが、ごちそうさまです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

影…本物と偽物と

160105

ぼんやりしていたら多分わからない、
 
本物の影と偽物の影。
 
偽物の方は彫り物だから、
 
陽の当たらないときも”影”でいられる。
 
でも、本物の影の命は光が差すときだけ。
 
それを見極めるのは、、やはり人間。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空がビビりながら…

160104

やけにぬるっとした空気。
 
天気がいいのはうれしいし、
 
寒くないのも個人的にはとても助かるのだけど、
 
さすがにこれはちょっと気持ちが悪いぐらいだなぁと。
 
だからといってどうできるわけでもなく、
 
その感覚を受け入れながら、前を向いて生きるのみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初詣と大吉

160103

1601031
 
1601032
箱根駅伝の山登りを見届けてから、近所の天祖神社へ初詣。
 
こんなにあたたかいお正月は久しぶりな気がする。
 
30分ほど列に並んで拝んだ後は、100円入れていつものおみくじを引く。
 
またしても「大吉」。しかも身震いするほどの内容だ。
 
昨年後半からの勢いはまだ続くのか、いや、これからが本命なのか。
 
良いことは信じる。今はただそれだけ。
 
奢らず、焦らず、着実に前へ。自分を、まわりをしっかり信じて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほろ酔い・・・家で日本酒のスパークリングを

160102

年に1回か2回しか登場機会のない家のワイングラスに、
買っておいた日本酒のスパークリングを満たす。

これ、以前、友人宅で口にしたことがあったのだけど、
和のおせちに寄り添うような深みがあって美味しい。

これぐらいでほろりとなるぐらいだから、
私って本当はお酒に弱いんだろうなぁと思いつつ、
元旦だけは、「いいでしょ?」と言い聞かせて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歌手として、作詞家として、一人の女性として

160101

2016年をつつがなく迎えられたことに感謝いたします。
 
自分が何者であるかを自問自答し続けた2015年が終わり、
しっかりと歩き出す2016年が始まりました。
 
そんな私を陰に日向に支えて下さった愛するあなたへの
ありがとうの気持ちを3つの形の歌にしました。
 
「一夜に咲く千の花」
「あなたと歩いたまぶしい季節」
「ア・イ・ノ・キ・セ・キ」
 
大晦日にリリースした私の歌手デビューアルバム
「春夏秋冬~愛する人へ~」には、
そんな思いがぎゅっと詰まっています。
 
一人でも多くの方に聴いていただけたら、
何かを少しでも感じていただけたら本望です。
 
最初はCD版のみでのご提供ですが、
私宛にメッセージもしくはメール(officekoba@nifty.com)に
送付先をご連絡いただければすぐに送付いたします。
(お代は後でOKです)
 
もし、聴いてみて、これいいな!と思っていただけましたら、
ご友人、知人の方に広めていただけるとうれしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »